1453

1453兆円。日本銀行の発表で、2005年12月時点の
個人の金融資産。


この金融資産、日本のいまの限りなくゼロにはりついた
金利で、運用に困っている人は多い。


ご存知のようについ先週一部の銀行が0.03%だかあげた
でもこれは100万円預けて1年で受け取る金利でいうと
数百円という話。


こんな低金利、世界中どこにもない。
そこで、個人の多数が、リスクを伴う金融商品
向かうという話


もう一方で、リスクがなんたるかわかるための
情報を持ち得ない人にリスクのある
金融商品を勧めているのは問題だという話


どちらも、あたっている話なのでしょうが
やはり、話のもとは、あまりの低金利
社会のネジレをおこすということでないでしょうか