くうねるあそぶ

今年の5月ごろ、セミナーにて、くうねるあそぶが大事だと
いう話を聞きました
メンタルでへこまないようにするには、バランスのいい、食事、十分な睡眠
そして、自分のやりたい、好きなことをもつことだと、言っています


社員に会うときに、よく食べてるか、寝てるか、この2点は
確認するようにしています。それから、話がはずめば、雑談のなかで
どんなことを、休日にするのか?つまり遊びは?ということ


週一回、テニスのレッスンに行きます
結構、長く続けていますが、どこかの大会にでたりは
していないです(でたほうがより、いいかもしれないですが)
レッスンで、ラリーが続き、自分の思うように身体が
動いたと、感じればそれで、結構満足します


仕事に忙しいと、遊びまでなかなか、気持ちや時間がいかない
ということがありそうです。でも遊ぶこと、大事ですね


遊ぶということは、大事な、多角的な、ひとりよがりにならない
考えをもつということにも、つながると感じます


仕事で、その個人の立場、会社の立場、業界の様子など
いろいろ考えながら、いまやること、判断することを
考えるわけですが、結構固定した考えに陥りがちな
ことに、ときどき、あ、まずいぞ、と感じたりします


ときどき、頭をシャッフルさせて、別の見方ができる
ということが大事のように、思います


このことは、自分のことは、よくわからなくても、他人のことだと
一定以上正確に、理解することができる、ということと
似てる、感覚かなとも思います


最近でいうと、うつわ作りの作家さんと話してるとき
「自分で全てをやらない。せいぜい、7割にとどめる」という
話がでて、ぎくりとなりました
自分で全部やらない、そうしたことは、結構社員に言っていたりするのですが
うーん、自分をおさえて、わざと、他のなにか、他の人に
ゆだねるということ、できてるだろうか
自分のことを、見直したいと、瞬時に思ったのです


会社を発展させたい。生き残りをかけて、いろんなことを
やりたい。そういう思いが、つのります
自分にとって、会社は家族という思いがありますから
会社が元気になる、生き残る、力をだすということは
まさに、自分の身体の一部が、元気で力をだすように
思っていますね


会社の中心といっていい、「判断」していくことを、してくれる
社員が、ものごとを、どう判断し、会社の発展につなげていくのか?
会社のなかに、「いいね」をいかに多くするのか
考え続けます


くうねるあそぶ。できてますか
あそぶ、楽しさを、語ってる、それがいつもある
そんな会社にしたいですね