自分だけで仕事はしない

他人にものを頼むときには、迷いがありますね
自分でやったほうがいい、そういうことは
そんなところからも、でるのだと思うのです
ところが、まわりにいる人を、使っていく
いっしょに仕事していくという、スタンスをもって
仕事していかないと、いつまでたっても、自分だけで
仕事するということになって、つまりは学びも減ってしまう
仕事の質が下がってしまうということになります


人を使って仕事をするということは、自分だけで
やるというより、難易度が高いのですね
まして、指示されたほうの人も満足度が高いものに
なっていくとなると、さらにハードルはあがると
いっていいです
ですが、複雑でいろんな要素があり、変化しつづける
といったことに取り組むことが求められる今
他人と仕事するというのは、必須でしょう


どうしたらいっしょに仕事して、その効果を
あげていくかということ
やっぱりここは「学び」だと感じます


半年前くらいでした。テレビで、二人でひとつの業務
それもマネジメントをするという、内容を紹介していました
ワークシェアリングといった内容です。そして二人でやる
ほうが、質があがるというのですね。それは専門性をもった
二人が協力するということで、意見を週に一度は念入りに
交換するということが、二人のなかに学びが生まれるのだ
と説明されています


こうした学びあうということは、とても大事なのですね
まして、日本でいえば平成生まれ以降の人
言い方を変えれば、デジタルネイティブさんたち
どうも、人と距離感をうまくとるというのが、下手なのだと
感じるのです
〇〇が下手という書き方をすると、どうも上から目線となって
この文章を読むあなたが、その対象の年齢だとすれば
え、ちょっとやだなと見えるかもしれません


いいえ、若い人はもちろん、若い人のよさもあるでしょう
ただ、人と距離感といったりするのは、やっぱりほぼ全員が
スマホで連絡を取り合うような、そういう時代に育てば
家族間の距離の感覚もそのまえよりぐっとかわってしまって
なかなかリアルな空間においての、どうするというのが
変わるし、つまりは減るということがありますから
経験値そのものが、足りないのですね


人とつながる、人と出会う
そういうことが、人の成長にはとってもとっても大事です
ここをいくら強調してもしきれない、そういうふうに思います
そして、人となにかしらつながっていったら、いいものを
もらうということなんですね


チームで仕事すること
このことを意識するなら、いかにして、まずは安心して
相手が仕事できるか、そういうことを、セッティングする
ということになるでしょう
また、相手のできることのちょっとだけそのうえのレベルを
目指すように指示をだす、こういうこともとっても大事です


人間は生きていれば、うれしいこと、素晴らしいこと
出会えます。そのなにかしら、自分に起こることを
ああ、これっていいレッスンだと思って生きることが
できるのか?
そういう態度をキープできるか?
大事ですね