歴史の話

ちょっとした、知り合いと歴史の話をして
なにか、お互いが気になってることなどを、交換するのは
楽しいことです。
いっとき、永井路子がとても好きでした
永井は、小説のなかで、仮説をたてて、小説を読ませて
読者にアピール、という方法をとります


鎌倉時代を開いた、源頼朝、そして義経の兄弟
なぜ、頼朝は義経を怒ったのか?
永井は、京都の朝廷を中心とする世界と、鎌倉の
武士の集団の関係を、宗主国と植民地の関係に
近いと読み解きます
そういう背景があって、義経ほかが、平家との闘いに
武功があったということで、官位を授けられ、ということを
とても怒るのです。まったくそうした、時代背景が
読めない、義経・・・


もちろん、ちがう解釈もあります
だけど、永井の観察、エビデンスの出し方は
言ってみれば、歴史の謎を、シャーロックホームズが
推理するように、解いていくそういう面白さがあります


ちょっと似てること、を2,3年前、永青文庫にて見かけました
それは、おそらくは永青文庫学芸員にあたるかたが
だしてみせた、歴史でのエビデンスです
信長の自筆の手紙として、足利将軍へあてたもの
自分の息子を、人質として差し出すというものでした
解説に、後世になって書かれたものを、読んでる
私たちは、信長は勝者で、足利将軍を追放した、ゆえ
信長と、将軍の力関係は、信長が上と思いがちだ
しかしながら、この手紙が示すように、ある時点までは
少なくとも、信長が将軍の力を、認めていたということが
わかると・・・


思い込みとか、ある視点からすると、こう見えるということが
当然なのですが、視点を変えると、どうなのだというと
見るという、歴史の面白さ


英雄たちの決断、という番組で、磯田直史氏が、関ケ原の戦い
ひとつの見方として、江戸時代を開く、触媒として
働いたといえるのでは?という、話をされて、ふーんと
うなったことがあります
視点を変えるとどう見えるか?ここにも、歴史の見方の
面白さを、感じます


歴史を楽しむということは、自分たちが生きてきた物語を
楽しむということになるのだろうと思います


歴史の話をして、いろいろ盛り上がるというのは
なかなか、楽しいことなのですが、相手も一定以上の知識なり
楽しみ方を知らないと、うまく話が盛り上がらないものです


歴史の話に限らず・・・とも言えそうですね
そういう、なにが、お互い盛り上がれる話題をもっていて
会える仲間って、貴重なことだと、気が付きます

 

はっとする

2020年5月28日、日経新聞第二部「人生100年羅針盤」に
権藤博さんの言葉がのっています
そして、彼は、アメリカ、マイナーリーグに指導の勉強に
行ったとき、教えたら、やめてくれといわれ、本人が気づくのを
待ってるんだからといわれ、はっとした、と書いています


こうしたこと、とても、自分は大事にしてる、つもりでもいます
でも、待ちきれずに言ってることも、多々あるのだとも思います


話し合いがうまくなろう
いい話し合いをして、気づけるようになろう
気づく、ということは大事なのだけど、気づきがあるというのは
言ってみれば、十分な訓練と陣地があって、いろんな意味で
栄養を吸わないと、気づけないということもありそうです


そうなのかもしれないですが、やっぱり気づくということを
大事にしたい。なにか言われて、そのとおりやるでは進歩がないし
だいたい、楽しくないとも思うのです


20代で勤めた銀行で、会議が嫌いでした
つまり、えらい人がいて、こうするんだ、こうやれと
言われるのがいや、なのですね
この話、実際のところ、経験少ない人に経験ある人が
こうしたらいいよと、教えてくれる、貴重な時間ということも
あるのですが、若い自分には、「押し付けられる時間」って
受け取っていたところがあります


いま、このように書いていて、思うのは、話し合いに
参加するそのメンバーの気持ちだったり、やる気の度合い
そして、やっぱり知識だったりノウハウといったこと
こういうことによって、どういうふうに導く、また
ときにはやりたいようにやってもらうということを、変える
ということが、いいのかもしれません


はっとすること。
とても、大事だと思います。そして大事するそのことを意識して
はっとすることがいいんだ、そういうタイミングを、持とう
という意識で生きる、と続きます


私自身、仕事の立場でいうと、教えてもらうということが
ほとんどありません。それはやっぱり、指導者として
うまくないのです。立場を変えて、教えてもらう
という時間が定期的にあるから、教える側のあれこれが
見えるということがあります


「立場を変えてみる」ってとても大事です
客観的な視点をもつことにも、つながります


意見が違うこと。このことも大事にしたほうがいいことです
違う意見を言う、その立脚した背景はこうなんだと、その意見を
受け止めます。


文脈理解力という言葉を、大久保幸夫氏は言います
言葉はそれぞれ、背景があるのだということ。
人の考える意見にも、背景があるといっていいことを
言いたいです


先日読んだ本に、日本人は論理でこうだから、こうしよう
ということ、そういう意思決定が実は苦手ではないかという
趣旨のことが書いてありました
このことに、全面的に賛成するというのは、ちょっと苦しいし
実際そうではないとも思うのですが、意思決定するときに
論理だけ、が優先される、そういう世界もまた苦しいのだ
そういうことを、再認識する、いいきっかけになりました


誇りのある、生き方をしたいと思っています
自分がしたいことを、する、そういうことを大事にするなら
自分がしてほしくないことを、立場が変わったから、自分がする
そういうことは、避けたい、それが少なくとも誇りをもつ
条件ではないか?って、感覚で思います


そういうふうに、思うとき、はっとすることは
結構日常ある、そうとも思えてくるのです

土鍋

きゃべつ、オリーブオイルと塩
これさえあれば、とっても豊かな味がする
ホットサラダが、土鍋で作れます


土鍋、その魅力
作ってみれば、「じんわり」火が通っていくのでしょう
野菜が甘いのです。さらにいえば、金属の鍋では
わからない、土のやさしさ、ということに
なると思います。できあがりの野菜のおいしさ


料理することが増えました
そして、野菜をおいしく食べたいと、とても
その点にこだわりたいと思っています


昨日はポトフです
だいぶ、簡単なものにしました
じっくり時間をかけられれば、野菜は丸ごとが
いいかもしれないです。そして極めつけ、スープのもとは
鶏のガラだったり、塊の肉をドーンと使いたい
でも昨日は、ちょいちょいと、時間をかけない
ものにしました
玉ねぎ、じゃがいも、にんじん。それに、たまたまいた
ごぼうもいれました。どれも、食べやすい大きさにしました
これにソーセージとベーコンです
ベーコンも刻んで入れます


スープは、何か月かまえ、気に入ってる鶏肉屋さんで
みつけた、「シャモロック」の瓶詰からです


そして、やっぱり土鍋です
つくってみれば、野菜のうまみ、スープの濃厚な味が
からまって、なかなかです
このくらいおいしければ・・・
と思いながら、こんなに楽をして、これくらい
おいしいのだから、鶏のがら、また塊肉
また野菜も、切らずに丸のままいれて、食べるときに
ナイフできって食べたら?と、想像して
しまいます


食事するときに、思うのは、やっぱり食事を楽しみたい
そういう気持ちです
自分が作った、おいしいものを、家族でおいしいといって
うれしがって、食べたい


忙しすぎたり、なにか、自分の気持ちが、うまく回っていないとき
食事も、どうしても、ありあわせ、になり
ただ、食べ物を口に運ぶ、そんなふうになってしまうように
思います
だから、食事は、人生の大きな楽しみであり、体を作る元となる
大事な時間、また、家族の健康を確かめ、お互いの元気を
ほめ、称えあう、いい時間として、大切にしたいです


テレワークが広がり、人と会うということが
減っていって、それでも、食事を大事にし、体のためにいいことを
必ずして、自分の気を養ってる人がいる、一方
自分の弱さに負けて、食事も体もおろそかにしてしまってる
そういう話をときどき、聞きます


こういう、普通じゃない、ときに、いかに自分自身の
いろいろを、守り、自分で自分をよくしていく
そういうことが意識してできるって、ひとつの能力だと思います
がんばりましょう

山極壽一先生

京都大学 山極壽一氏は言う


「人間は、集まって、知恵をだし、移動して人と出会って
学んできたのです」
「例えば、音楽をとおして、ひとつのところに集まって心をひとつにする
これは人間にしかできないことです」


そして、結論づける言葉として
人間は、こうした危機をのりこえるということを通して
生き残ってきたのです。危機が襲うたびに知恵をだし
乗り越える、それが人間の強みです


こうした、言葉は、なによりも自分たちを勇気づける
ということで、価値があると思う


父であり、母、祖父母の言葉ということを、思い出すと
戦争という悲惨な歴史を乗り越えてきた、骨太さを感じる
実際、私は「言葉」でしか、戦争を知らない。だけど
自分が生まれた、高々、十数年前に確かに、戦争があって
国土は焼かれ、食べ物がない状態が何年もあって、という
経験をした親に育てられた


そういう意味では、いまの危機は、まだまだやり方で乗り越える
ということは可能だとも、感じます


ところが。


一番の危機は、人間の心のなかにこそある、といっていいかも
しれません。この4月、5月、なかなかやりずらい、がまんをみんなが
して、緊急事態宣言は、いったんは少なくとも、終えることが
できた。こういうなかでも、「コロナ?ありゃ、かぜだよ」
などと、つぶやいて、みんなで守ろうということを、無視する
人がいるのが、見える


感染症のこの広がりから、なにを学び、そしてどんなふうな
これからの世界を作っていくのか?
知恵が求められます
そして、山極先生が言うように、きっと出口はみつけられる
そうなのですが、一番、その知恵を崩してしまうもとは、人間の
意識なのかもしれません


人間は、複雑な存在で、こんな立派にみえるようなことを
言ったり、書いたりしてる、自分自身のなかにも、ゆるみはあって
人を指導する以上は、と、気持ちのなかで、なにか、表面の
いいことを言って、過ごすということを、やりがちなのですが
人間の、心にある、すばらしさと、みにくさ、そういうことが
両方あるぞ、という、実際、生きていく自分たちがどうする
という視点を持って、いろんなことを、判断したいと思います


企業に勤めたり、そういう人を管理したりする人から
すると、実際、生きていく、食っていくということが
どんなことか、感覚として、わからない、そういう人が多いことを
感じ、少し危険だなと思うことがあるのです


知恵


人間にとって、全方位からみて、いい知恵をだしたい
ですね

意識化の原則

テニスで、「いま、何をやってるのか」意識する
ということから、意識化の原則という言葉を覚えました


例えば、相手コートにおいて、サービスラインの少し前に
いる相手のボレーヤーの足元にボールを返す
これは、ひとつには、レシーブの基本といっていいでしょう
そのために、ネットの手前でボールが最高点を迎えるように
トップスピンを打つ
こうした、練習を繰り返すとします


こういうことを、意識しないで、ただ、トップスピンを打つ
というのでは、実戦を意識したもの、とは、離れていると
言っていいでしょう


仕事においても、意識化の原則というのが、とても大事だと
思います
いま、会えない、いっしょにいることができない。そういう
なかで、仕事をどう進めるのが大切なのか
発信する、って大事でしょう


メールでもチャットでもそうですが、お互いが発信しあい
また継続的、双方向なやりとりが続いてるということが
大事なのがわかります。そうであれば、基本場所
離れているということは、そんなにハンデに
ならないのを、感じます


ところが。誰とでも、継続的、双方向にいろいろいけるか
というと、ちょっとした、それちがいがあって
それが途絶えるということは、ふつうに起きてしまうように
思うのです


ちょうど、SNSにて同じ話題で盛り上がっていた人が
なにかの具合、それは例えば、相手がもっと夢中になる
話題に移った、であるとか、物理的にSNSに時間をさけない
ときがあった、でもそう、そもそも、その話題そのものの
なにかしら、さしつかえが見えてきた、であるとか?


そんなふうに、双方向で継続的なやりとりは、簡単に
途絶えてしまう。
そうすると、そこをだけ、頼みにしないでやるとなれば
お互いが会うだとか、電話だとか、「お願いする」だとか
ふつうのときなら、やることが、例えばSNSだけでつながっている
または、それが第一と、なってるとやりずらい
そういうことが、これからは起こるとも思えて、ちょっと
やれやれ、とも、思うのです


今日も社員の人とは、オンライン会議をします
会うということ、ほどは、情報はとれないのですが
それでも、オンライン会議をやったほうが、伝わると
思うからです
そこで、意識化の原則を思い出します
つまり、お互いが、情報をとろう、また発信しようと
意識することで、そこそこ、足らないことを
補うこともできるということです
もっとも、その補えるものは、積極的に発信すると
意識したことが、メインとなるということは
覚えておいたほうがいいでしょうね


会って、伝わるいろいろは、例えば、会う相手が
意識しなくても、伝わってくるものというのもあります
表情、話し方で、とてもまっすぐに「やりたい」と思ってる
のか、それより、ニュアンスとして低いのかとかは
会うから、わかるということも、大きいと思います


さて、それでも、意識化の原則を使って
今日も、ちょいたし、の情報交換をする、そういう気持ちで
仕事に慣れていきたいところです

メールとチャット

私は、実際のところ、Lineでチャットを
はじめたのは、2年前くらいです
ゆえ、とっても遅いのかもしれないですが
Lineをはじめてから、チャットのスムーズなことが
少しわかりました


少し、と、書いたのは、慣れなければやっぱり
だめなもので、はじめたときは、そんなにはメリットが
わからなかったのです。家族であり、仲間であり
そうしたなかで、くりかえしやってるうちに、あ、これは
同じことは、メールじゃできないなと、思ったのです


もちろん、メールはメールのいいところもあります
同時に送るとか、あとはやっぱり、オフィシャルな感じが
するということですかね
それから、そうです。つい最近新聞だったかのコラムで
みたのですが、チャットだと、受けたほうが、考えとか
まとまらないうちに、次々相手が、書き込むということが
あって、一定のところ、気心しれていれば、それはそれで
いいのかもしれないですけど、お互い知らないとなれば、
苦しいということで、メールのほうがそういうときは
まだいいという書き方がありました


ごく最近、話していた若い人が、チャットだと
メールより、「構えない」ので、書きやすい
という指摘をしてくれました。
ふん、それも、上に書いたオフィシャルな感じの
裏返しなのでしょうね
そういう感覚は、言われれば、わかるのですが
自分からやるということが、やっぱりそんなにない
のかなと、気が付きました


おそらくだけど、いま20代だったりして、メールどころか
チャットが物心ついたときからあり、いいえ、他人とは
チャットから入るよ、という世代になっていって
やっぱり、世の中変わるのよな、とも、感じます


少し前に、駅でみた、確か政府だったか、市役所だったか
そういうところの、広告っぽい、標語といっていい
ところで、「即レスしないくらいで、ゆらいでしまうのは
友情とは言わない」とあって、そうだそうだと
つぶやいていた、自分。


だけど・・・
チャットで、早めのレスがないと、チャットのチャットらしいところって
楽しめないということは、ありそうと、気が付きました
やれやれ・・・・


そうなると、何年かまえの知り合いの年賀状に、あったのですが
「昔、昭和という時代がありました。アナログで、ゆったり時間が
ながれておりました」とかあって、まるで、これ、本当に
歴史のなかの出来事に見えるって、面白がっていたのですが
本当にそれは、面白いどころか、一定の若い人には、実感なんだと
思って、その差に驚きます


いま、私もIT業界なんぞに、属していて、現役だと思っているので
チャットも、そのほかもっと新しいなにかだって、やっぱり
使えるようにはなっていって、と思っています
そうでなければ、現役ではいられない、少なくともユーザとして
現役でないと・・・


なかなか、しんどい、と思うことも、正直、しばしばです

あじさい

アジサイが開いてる
そう、淡い色から、青、紫にちょうどグラデーションが
みられます。花によるのだなと思います
先日、知り合いに手紙を書くときに、あじさいが小さい蕾で
という書き出しをしたのですが、今日、気が付いてみると
花は開きだし、目を楽しませてくれています


アジサイの花の見どころは、いろんなところにあるようです
千葉の本土寺もそうです。一度、義父、義母とでかけたのを
思い出します
義父は、車が好き、ゴルフ好き、麻雀好きという、とても
人生を楽しんだ人と思います
私が奥さんと結婚する直前、義父となる人がゴルフが好きで
私はゴルフが下手で、教えてもらえそうという話をちょっとした
年配の知り合いにしたら、「そりゃいいね、長澤さんがゴルフが
下手なことがいい」といわれ?ポカンとしてしまったのです


その人のいいようはこうでした
「ただでさえ、かわいい娘をうばっていく男が憎らしい
そこへきて、ゴルフがうまかったりしたら、余計憎らしいよと
ゴルフが下手で、自分が教えてやるってところがあることが
かわいげがあるということに、なるのさ」


私も、親しくしてる同級生とか、子供がいてどうかすると
結婚するなんて話を聞く歳になりました。そしてそのときの
やりとりが、腑に落ちる感じがいたします


あじさいを見に、鎌倉にでかけるという人、多いようです
鎌倉にも、あじさいの寺と呼ばれる場所があります
明月院がとても、有名です。北鎌倉から、混んでるときに
歩いたら、20分くらいでしょう
ちょっと坂になってるところを、あがっていって、鎌倉の寺は
たいていそうですが、谷の奥まったところに、明月院があります
一見の価値あり、と、思います。今年はそういうことは
ないでしょうが、いつもはアジサイのころは、平日でも込み合います


成就院というもうひとつ、アジサイの寺といっていい場所も
あります。ここは、大仏と極楽寺の間にあるのですが
一番の見どころは、寺に向かう坂道にアジサイが咲いていて
振り返ると、海を見ながらいっしょにアジサイもみれるという
ことでしょうね。またこの成就院は、文覚の木彫りの像が
あって、荻原碌山が、文覚像を作る前に見に来たという
話が残っているようです


話が荻原碌山になります
荻原碌山碌山美術館にて、その作品を見ます
実際、一番最初に見たときは、ふーん。くらいだったのです
だけど、生き方を知り、絶作となる、「女」のモデルの
相馬黒光さんとの、苦しい恋を話として知るにつれて
彫刻が、自分のなかにはいるといっていい、感覚を覚えました


東洋のロダンともいわれる、碌山。その魅力はなに?と
言葉でいうのは、やさしくないですが、生き方と相まって
迫ってくる迫力ということになると思います


あじさいは、人の心を落ち着かせてくれて
深呼吸するそのときに、みれば、一層その美しさが映える
そんなような気がする花です
どうぞ、鎌倉までは今年はいかずに、近くのお散歩くらで
楽しみましょうね