いい上司

先日、なつかしさを感じながら、20代のときに
お世話になった人、Aさんに電話をしました


就職活動をして、たまたま、といったらおかしいでしょうか
そのころ、人材を広く求めていた、銀行に入社し、その人と
会いました


人と話したり、なにかお願いしたり、つまりセールスの世界では
一応、自信があった、自分でした。それなりに楽しく
仕事をしました


ところが。銀行というのは、「紙、書類」であり、上下関係が
やっぱりきびしいところです
書類を作るという、地味であり、緻密なこと、というのが
苦手な自分、そのとき、痛感しました
銀行がお金を貸し出すとき、企業相手であれば、基本、稟議書
という書類を作ります。その書き方。いい加減に書いたら
そのときの上司、Aさんはどんな細かいことでも、見逃して
くれません


いま思い出すと、私に、今後のこうした書類を作るということの
基本を教えてくれたんだなと、思います
甘くみたら、だめだよ。そういう、気持ちで接してくれたのだと
思うのです。思い出せばそれは、つまりは、人間愛といっていい
後輩への、素晴らしいトレーニングでした


Aさんのことを、思い出したのは、当社にセールスにくる
銀行の方と話していたということが、きっかけです
その若い、銀行員さん。稟議書で苦労したことあるというと
まさに、そうですと、いわんばかりに、顔をしかめて
稟議書のあれこれは大変ですと、語っています


銀行員が、どうして、銀行員たるか?
そのアイデンティティといっていいことに、納得する
稟議書が書けるかということが、あるように思います
なんちゃって、いま、書きなさいといわれたら、はたして
わからないのですが。


それでも、たとえば、日本料理をする人が、包丁の扱いが
「きも」とか、大工さんだったら、木材を見極める力
だとか、そういう、「きも」の部分ってあるのだと思うのですが
銀行に勤めてる人だったら、稟議書じゃないかな。


さて、そうして、きたえてもらった、自分になにが残っているのか?
甚だ、少ないことかもしれないですが、書類に向かう
そして、その書類を見てくれる人に、向かう、姿勢というのは
少しだけ、そのA氏が残してくれたものがあるように思います


20代で仕事したことというのは、つくづく貴重だと思います
その時の上司のあれこれ、ということ、とてもそのあとの
仕事するということの、スタンスに関わると思うのです
書類うんぬんより、上司とは?はたして信頼に足るものか
そういうことが、身体に身につくかどうか
そういうことのように思います


いっしょに仕事していて、どうもこの人は、感覚がちがう
となったとき、はたと気が付くこと。おそらく相手は、いい上司に
恵まれてないのだ、そういうことがあります


おかげさまで、私はさっきから、話にでてくる、Aさんをはじめ
とてもいい上司に出会えたと、思います
いい上司というのは、いいところを引き出し、弱点と思うところを
いっしょに、トレーニングしてくれる、これにつきるのでは
ないでしょうかね。

管理職

管理職という、立場に立つ人は、はたして、どんな人が
やったほうがいいのか? 例えば、性格はどんなタイプが
向いてると言えるのか?


ひとつの答えとして、対人援助といった仕事なのだから
世話好きな、ということが浮かびます
実際そう思って、そういう要素を持つ人になってもらおうと
思ってきた、自分がいます


ただ、はたして?そうばかりでいいのかな?
そういう反省にたってみようと思います。あえてそう考えると
実際、会社がどういう方向の人材を育てていくのか
また会社が、どういうビジネスをするのを、志向するのか
ここに、関わってくるのだなと、気が付きます


どういう人材を育てるか? ここで、最近思ってることは
基礎のしっかりした人、ということです。基礎、とは人と関わって
人と、協働して成果をだすのが、できる人、そういう意味での
基礎です。


「社会力を育てる」 門脇厚司


この本によれば、今、上に書いたような、基礎をもつということ
その力を、社会力と呼んでいます。私の言い方は
ずっと、対人対応力といっていました
もちろん、対人対応力というのは、社会力の一部分といっても
いいかもしれないし、完全に重なる?ということも
あるのですが、相当な部分、重なってるのを感じました


この門脇氏。世代としては、私より、二回りは上です
そういう意味では門脇氏が、この世代の人たち、まずいな
社会力をつけなければ、世の中おかしくなるぞ、そういう
危惧をもってみた、若者、というのは、実際自分たちの
世代だということに、気が付きます


そうなんです。新人類と言われ、上司を上司と思わず
礼儀より、いろんな秩序といったことより、自分の
したいことを優先。そういうおかしなやつら
そう、私も言われ、世代としてそうだと、言われました


まま、そのあたりの話は、またにするとして


管理職。社会力をもつということは必須でしょう
そして、社会力はどうやって、みにつけるとなると
やっぱり、真剣な話を、他人とやりとりしながら、気づく
ということを、くりかえして、学んでいく。これに
つきるように、思います


あ、この人は信じていいな。そういう気持ちをもって
話をするのですね。そして、粉飾決算のない、セキララな
自分をだしてみたいと思います


このあたりの話になると、えー、それって難易度高くないですか?
そういう、対象者からの声が聞こえてきます
はい、それもそうでしょう
ですが、避けていては、「学び」としては、うまくいきません
ですから、あえて、このとおりやってくれと言いましょう


セキララな、自分をみせる、相手に伝えてみる
このこと、実はしたいというときと、したくない
というときと、あるのも、気づくことです


ついつい、上司が自慢話をしてる。この構図は組織で
よくある話です。いいえ、上司の人は、自慢話でなくて
失敗談をぜひ、話してほしいと思います


自分でも、覚えがあるのですが、実は失敗していて
それに気づけもしない。そういうことって、結構あるんじゃないかな
そういうことに、気づける、自分のやってることってはたして
誰かにとって、いいこと、役に立ってることなのか?
自問自答するということを、習慣にしてほしいと思います

お弁当

料理が好きだろうと思う、外国人が日本のお弁当の
文化に目覚めて、楽しんでいます
火曜日の昼、NHKで弁当エキスポなる、番組をやっています
日本語をしゃべってくれますが、でてくるのは
外国人の皆さん。えっ、そんなに、凝って楽しんでるの?
と、目を見張る、きれいさ、楽しさです


そのほか、確か半年前だったか、これも外国人ばかりが
出てくる番組でした。おでん、の話になり、何の具が
好きですか?との質問に、手が上がります
玉子、ちくわぶ、はんぺん、などなど。そして
巾着持ち、と答えた人がいます。あの帯の部分まで
食べられるなんて、クールだなどと、のたまいます


いやいや、楽しむというのは、人それぞれあっていい
料理が好きだし、簡単なお弁当は作ります
だけど、例えば、ウインナーを、うさぎや、タコに
したり、ノリをつかって、顔を作ったりなんて
しないなー
楽しいのは、わかるけどね


料理で、なにかの「形」にしてみるということで
ごく最近、自分でやったのは、スコーンを焼くときに
「型」を使って、「鳥」だとか「星」をやってみた
くらい。でもこれ、実際「焼いて」しまうと、そうそう
思い通りの形にはならなかったりするのです


楽しみ、ということでは、やっぱりできたら
「見た目」ということも一緒に楽しめたら
楽しさは、増しますね


さて、テレワークになって、3食自宅で用意する
なんてことが、増えました。料理好きとはいえ、3食とも
キッチンで時間をかけるというのは、仕事しながらだと
やっぱり、きついです。そこで、朝のうちに、簡単なお弁当を
作ります


定番はサンドイッチです
ハム、玉子、高菜のつけもの、このあたりが定番
ときどき、しらすクリームチーズ、バナナ、ポテサラ
なんてのが、バリエーションではいります
ポテサラの、サンドイッチ、結構好きです
だけど、サンドイッチするのに、わざわざ、少量のポテサラを
材料から作るか?となると、なかなか。
そこで、出来合いもありです


サンドイッチばかりだと、ということで、おにぎりもあります
おにぎり、これ、やっぱり日本人だったら、必ずおいしく食べられる
強い味方、って感じがします
ご存じの方、多いようですが、コンビニで一番売れるもの
おにぎり、とのこと。
うちで、お米を炊いて食べるときの、こだわりは
一度、米櫃で休ませるということです
いま使ってるのは、陶器製のものです
ついこのまえまで、秋田杉の木のものをつかっていたのですが
いたんでしまったので、替えました


ご飯が、そのまま食べるとき、いい感じでさめてる
というのが、とても好きです
炊き立てはもちろん、好きですが、あまりに熱いご飯は
食べにくい。せっかく、ご飯をしっかり楽しみたいのに
あつあつ、すぎちゃうのはね、ってやつです


今日はこれから、やきそば、のお弁当を作ります
やきそばってやつも、好きでときどき、やるのですが
いつだか、あ、このやきそば、お弁当にしちゃおうかと
つれあいにいって、やったら、好評だったのですね
それで、だんだん、定番化しそうです


さて、みなさん。テレワーク、そのほか、気にしなくては
ならないことおおい、いま、変化のとき。
なるだけ、この不自由なことなど、楽しんじゃう、そういう

伊勢佐木町

映画をみた、あとは、イタリアンでおいしいものを
そんなふうな、キャッチを書いた店、Orsoにて
食事しました


映画館は、ジャックアンドベティという、小さな
ロードショーでなく、ちょっと気になる映画を
やるような、個性のある映画館です
とかいいながら、実はここで映画は一度も
みてはいないのですが


映画館というと、高校時代の最寄り駅、金沢八景駅
ジャックアンドベティとはちがう、つまり、ロードショーを
した映画館で、やっていたのを、少し遅れて、見るような
そういう庶民的?というかそんな映画館がありました
そして、土曜日の午後、そこでときどき、映画をみました


映画、みたいものがあっていくという人が多いと
思うのですが、高校の時の金沢八景のそれは
そうではなくて、なんとなくくたびれた、土曜日の午後
一人でいたくて映画館にはいる、そんなふうだったのを
思い出します


あっと、話はもどって、Orso。看板に、ハイジのチーズが
食べられる店とあります。ちなみに、我が家に、ここのところ
アルプスの少女ハイジのブームがきていますが、この店は
ブームだからいったというのではなく、どちらかといえば
この店にはいることが、ハイジへの関心を高めて、だんだん
ブームになっていったというのが、正しいです


ハイジのチーズというのは、ラクレットチーズで、大きな塊を
電熱線の、チーズを溶かすための、機会で、あたためて
とろっとしたところを、バゲットだったり、温野菜に
かけていただきます


ハイジでは、山小屋について、食事だよというおじいさんが
だんろに、チーズをかざして、とろっとさせてたべさせてくれます
もちろん、山小屋の山羊の乳で、おじいさんが手作りした
チーズです


そんな、レストラン、Orso。最初の最初は、タイミングが悪くて
お昼の営業時間が終わるころうかがって、ああ、だめなんだと思った
その時、お店の主人が、ささっと、でてきて、今日はごめんなさい
ぜひ、またきてください。その断り方の、さわやかで、ぜひ自分の
料理を食べてほしいという気持ちがあるというのが、伝わって
また来ようと思ったのです


ハイジのブームは、実際、長くなりつつあります。先日、翻訳版ですが
原作も読みました。自然の描写、ハイジやクララ、おばあさんの感性
洞察力にあふれた様子がなどが、いきいきと書かれていて、文章に
ひかれました。
人が人に、こんなに、すばらしい贈り物ができる。だんだん、人から遠ざかっていた
おじいさんが、ハイジのためならと、人間性をとりもどしていく
娘を失ったという、医者は、ハイジの心の優しさにいやされ、生き直そうと
思う。


ハイジは、19世紀に書かれていて、時間はたっていますが
なんて、新しい、学びたくなる要素の多い、小説でしょうか?


ハイジの人柄、感性ということを、思いながら、Orsoにいると
きっと、このご主人も、ハイジが好きなんだろうなんて想像をして
しまいます。なにも、確かめてなんていませんが。


ハイジのいくつかのシーンで、ちょっといいなと思うもののひとつが
山の素朴な食事です。山羊の乳、そのもの、チーズ、パン、薬草
それから、野草。
おじいさんは、薬草、野草にも詳しく、山羊が食べると、乳の質が
よくなるといったことを、よく知っているのです


そんなおじいさんの、やさしさが、実り、ハイジは、育ちます
前にテレビでみた、アルプ力をつけていくのでしょう
生きていくとき、このアルプ力を、忘れないようにしたいものですね

旅の楽しみ

旅行が好きです
誰かが、雑誌の記事に書いていたのですが
旅行がはじまり、目的地に着くまでというのが
とても楽しい。またそのとき、感性がとても高くなっていて
その記事を書いていた人は、作詞をしていて、その旅の途中
いい言葉が浮かぶのだと、書いていました


それから、旅の往路、というのを、どう過ごす
というのを、ちょっと気にしだしています


何年かまえ、自分の車を運転しながら
確かに、自分の気持ちがあがってること、頭がさえてること
を、往路の旅路で感じました
この感覚、ずっと続けばいいななんて、ない、つまり
続かないことを、知りながら思ってる自分がいました


都会で過ごして、たとえば、仕事でやっかいなこと
まわりの人間関係の、あれこれ、自分で決めてやろうとして
でも、なかなか進まないこと。などなど
そういう、自分の宿題といったことは、都会においてきて
旅路では、自分の好きなように、過ごせる
気持ちのいい、景色に出会い、その土地のおいしいものを
食べて、ゆっくりする。


そういう期待、そういう旅にしたいという気持ちが
どんどん、自分のいろいろを元気にさせます


これはずいぶんまえから気づくのですが
一度、自分の日常生活を離れるから、こそ、見えてくるものが
あるということ。
それから、旅先ですることを、今度は日常生活でしてみること


実際、いま朝やってるウォーキングは、あるとき
旅先でしていたのを、今度は日常生活でもやろうと、はじめた
ことです


旅で、見聞きすることを、あれこれ、思ってみて
そのことを、日常でもしたらどうか?ということを
たまに、思います


友人にはがきを、送るのも、旅先の楽しい時間です
お互い、家族がいて、都合をつければ、会えるにしても
そうそう、急には会えなかったりする、友人。
はがきを送るということで、短い言葉ですがつながっていく
ということが、あるように思うのです


その時、旅先で感じたなにかを、書いてみる
見てきた、山々の景色。高台から、みた、視界が広がった場所
入ってみたレストランの雰囲気、食事


そうして、友人たちの笑顔を思い浮かべながら、旅先で
時間を過ごすのは、なんていい時間なんだろうって、思います
そうして、旅先で、友人に言葉を選んでいたりする時間が
自分を豊かにしてくれるように思います


年齢があがるにつれて、実際自分が経験したことの、いいこと
というのを、くりかえし、思い出してみるという、すごくいい
時間を作ることを覚えました


いま、自分が例えば、音楽、演劇、アートを愛でることができるように
なった、そういうきっかけだったり、そういう彩になった出来事を
ちょいちょい、思い出すということが、自分の感性をまた
豊かにしてるのだと、思えるのです


そうした、経験を思うことが、他人の素敵なところが見える
そういう、触媒になっていくということもありそうです


旅にでたい
旅の楽しみは、とても自分にいいものをくれる
そろそろね。

自分で決める

若い人に、ステージを用意して、そこで思い切り
活躍してもらう。
このことを、意識して、ステージを用意するのが、自分の
役割だなと、思っています
ひとつ、気が付いたこと。そのステージで活躍すると決めるのは
ステージにのる、本人だなということです


ここで、とにかく、やってみよう、やるぞ、という決める
ということが、大事な一歩だなと思います


若いときって、意思がどうもふらつくということあると
思います。いろんなことに迷うということがある
それは、誰もがそうなのではないでしょうか?
自分の可能性というのを、信じてみたり、そうはいってもと
自信がなくなったり。真剣に考えれば、そういうことは
どんどん、でちゃう。それが若い時といっていいでしょう


だからこそ、なのだろうと思うのです
一定の期間、ある取り組みを、全身全霊でやる、と決める
そういうことで、やってみて、またどうしても、自分が続けるのが
しんどいとか、その他、方向転換をしてみたくなったら、また
考えればいいのだと思うのです


ひとつ、ステップをふむのに、あることに、時間を
かけて、とにかくやってみる。


学生のときに、舞台を作るということを、やっていて
舞台とか、演劇とかそういうのは、いわば触媒といってよくて
人が協力して、なにかを作っていくということに、とても
魅力を感じました。そして、若いときです。だからその活動を
通して、成長する人がいる。それを近くでみていて、ああそうか、と
思ったことはたくさんあるのです


舞台の真ん中で輝く人もいれば、それを、支えるスタッフがいる
登場人物にならなくても、照明、音響、メイク、衣装、小道具、大道具。
それぞれが、輝いている。自分たちで企画して、作り出すって
こんなに楽しいんだと思いました


人間はひとりでは生きられないです
人と、いっしょにいて、なにかをしてこそ、人間です
いっしょに、仕事していいなという人にまず、なってほしいと
思います


あるチームに属したら、そのチームの目的をとらえて
自分はどんなことをしたらいいのか、理解し、行動するということが
できるのか?


ビジネスでのチームであれば、どんな価値を生みだし
成果として、継続するのか?


ITということを思うとき、いいチームがあって、そこで
人が育つということを、望むのですが、まず、コミュニケーション
ということで、改善しなくては、足らないということが
そこここで、見られます


いいチームを作っていきたい
いい仕事をして、さらにステップアップをしてほしい
仕事は楽しいものです。もちろん、その仕事をできるように
なるための、トレーニングだったり、知識を得るための
なにかだったり、自分が時間をかけて、自分をひっぱる
そういう、なにかしらの、苦しいともみえることも伴いますが。
やれば、やっただけの、得るものはあるものです

話し合いを行動へつなげる

いい会議とは。それはその話し合いのなかでいい気づきが
あることです。いい気づきがあって、見えていなかったものが
見えるようになり、その解決に向かって、どう行動するということが
わかるということになるでしょう


いい会議のためには、でてくる意見が粉飾決算していない
自分の都合のいいような、なにかがはいらず、セキララといっていい
情報がでてくるということが大事と思います


ここまで書いていて、セキララ、自分の都合のいいことがはいらない
と書きました。大事なことにはちがいない。そうですが、はたして
できるのかな?と、不安になります
自分自身、この意見が、たとえば、相手の行動、行動だけでなくて
今後の相当な時間、言い換えれば、人生を左右するんだと
感じたいとき、ものいいは慎重になるにせよ、はたして自分の
都合のいいように、なにかを変えてないか?


ここのところ、1,2年のことです
抽象と具象をいったりきたりするということが、頭の中で
ぐるぐる回ります。ほんの少し、少なくとも10年まえまでは
具体的なことがいいことと、思っていたと思います
いいえ、具体的なことばかり、みて、具体的な話を
人とすると、そういう意識でいると、木をみて森をみていない
という状況に陥ります


いま、なにが起こってるのか?
自分は?自分のまわりは?日本人は?世の中は?


よくそういう、問いを自問自答するときに、源義経の話
永井路子がひも解いてみせた、彼がなぜ、兄、頼朝に嫌われ
ついには討たれてしまうのか?ということを、思い出します
鎌倉時代は、武士が自分たちで、自立して生きようという
京都にいる、貴族から、自治、そして土地といった、大事なものを
勝ち取り、自分で生きようとしていたとき。その時代の大きな
流れを読めず、義経は、京都の院の手の平で踊ってしまう


こうした、時代を読めない人にはなりたくない
そのために、情報収集し、今を行きたいと思いました


はたして、そうなってるのか?


そして、時代ということ、世の中ということを、理解するうえで
必要な視点、というのが、抽象的に物事をとらえられる
ということだろうと思い始めています


社員を育てるということ
たとえば、具体的にその一人の社員がどういう行動をすることが
育ってると、みるのか?こういうことも大事なことには
ちがいないのですが、一人の行動ということでなく
俯瞰した視点をもって、このことはどういう意味をもつのか?


そんなふうに思って、世代がさがった、20代、30代をみていると
対人た応力といったことが、低いこと、が見えてきます
一方、デジタルなものを使うということ、マニュアルを使うということに
ずいぶん、能力を発揮するということはありそうです


そういう意味では、なにかしら、道筋をたどって、(ゲームのようですね)
成果をだすのは、得意、だけど臨機応変に、対応するのは苦手
といった、ことが、傾向として、見えてくるようにも思います


生きるということ。チームを作るということ
若い人が育つということは、なにかしらのステージにのってもらって
そこで活躍すること、と、思います
何かしらのステージ、を用意することが、自分の仕事だなと
思い始めて、年数がたちました
そのために、時間を使う、人と協力する、アイディアをだす
これはどんどん、したいですね