しなやかさ

来年、当社が50周年を迎えるにあたり、当社の強みって
なんだろうと、考えます
「続いてきたこと」これ、ひとつの強みといっていいかなとも
思います


イメージとして、しなやかさ、とも思います
鉄のように、まがらない、固いものというのは
一見強いようにみえて、実はひびがはいってしまったりするのだ
というのは、あるものと思います
しなやかな、ある程度の柔軟性をもった、もの
というイメージを描きます


先代社長から受け継いだ、バトン。ひとつには「人を育てる」
ということになると、思っています
人を育てるということに、「しなやかさ」をもってする
これはどういうことか?


人は生きています。生きていれば、いろんなことが
起こるものです。そうした、いろんなことに、添って、育っていって
もらうということ。
うれしいこと、悲しいこと、怒り、それから、リラックスすること
すべてがあるのが、人間だと思います


たとえば、「負荷」ということを、思います
一定の負荷をかけるということは、「仕事ができるようになる」
という意味では、必要かもしれません。接客というときに負荷と
なることが伴う。それが平気でできるようになる、そういうことが
それにあたるとおもいます


一方、負荷がかかり続けるということは、どういうことなのか
いつもいつも、負荷を感じながら、なにかするということは
その人、その人の気持ちが、荒れてしまわないか?
こわい人といっしょにいて、それがだんだん、感覚がにぶくなるなんて
ことは、こわいことにならないか?


仕事をしていて、心身共に、元気でいるということ。目標があって
それを、達成するということを、繰り返すこと。いいと思っています
大事なことです


営業の仕事で、取引先との関係性を作り、その関係を維持発展させて
取引も拡大していく。大事なことです


しなやかな、強さ。しばらく追い求めてみたい、価値です
人と人が、強い絆で結ばれてること。これは「信頼」ということに
なると思います
信頼のもとは、なんでしょうか?一方的なものでは、「しなやかな」とは
言えないと思っています。双方向で、お互い信頼感がある
これがひとつの理想といっていいかなと思います


営業で、ツィッターで知り合いになるなんてことが、増えてきました
このこと、実際やってみて、いったん、オンラインなりで、打合せを
して、知り合いになるのは、結構簡単なんです
ですが、そのきっかけを、どういかすのか?
ここが、大事で、実は難しい
お互いが持ってる情報が、取引に発展できれば、理想です
そうですが、パズルをとくように、なかなか、いろいろ条件が多いなかで
すぐにはいかないもの。


やっぱり、ここでも、しなやかさ、が欲しいなと思うのですね

BBQやりたい

景色のいい、空気のいいところに行って、野外で
食事する。これ、やってみればわかりますが、とっても
いい気分転換になります
食事というのも、景色だとか、雰囲気、そのときいっしょに
いる人で、こんなに、楽しく、喜びを伴ったものになるんだ
そういうことを、やってきたし、人に伝えたいと思います


大学の時の仲間と、何度かやったのは、横浜市金沢区
野島公園にある、キャンプの施設でした
ここは、海辺で、ひろびろとした場所で、キャンプが
できます
実際、キャンプで泊ったことはないのです。つまり
デイキャンプ、早く言えば、BBQをしたということです


ごく最近、鶴見、LICOPAという、前は全館イトーヨーカドー
だったのですが、衣替えみたいなことをして、スーパー、
いくつかのショップ、レストラン、医療機関がはいった建物に
なっているところの、屋上で、BBQができるということで
利用しました
ここのいいところは、自宅から近いこと。楽ですね
ただ、いい景色だとか、自然ということは、望めないですが。


BBQのもうひとつの楽しみは、手作りの楽しみですね
火でいろいろする、そのときのしかけにもよりますが
家庭ではなかなか、扱えない「大きな火」で料理する
という楽しみがあります。肉を焼くだけでなく、野菜を
皮ごと焼いてみたり、蒸し焼きにしたりというのは
そういう大きな火でやれば、ちょっとびっくりのおいしいものが
できます


大きな火、を利用して、料理を作るというのは、料理が
好きな人には大きな、魅力ですね。想像力をたくましくさせる
そういう、要素にあふれています


さらには、いっしょにいる仲間と、共有する雰囲気が
楽しいということがあるでしょう。おいしいものを、わけあって
食べるということの楽しさ
ここにいくと、いまの感染対策の「黙食」などというのは
本来、人と人がつながるという観点でいえば、まったく逆の
姿だと、思えてきます。いいえ、こういうことが、世の中で必要
ということは、一定のところ、認めたうえであえて言いたいこと
これは、やっぱり「異常な」ことなんだけど、しかたなくやってる
ことだなということ


人と人が親しくなる。そのやり方はいろいろあるのだと
想像します。自分がやってきて、これからも、やったほうがいいな
と思うことで、その親しくなる方法というのは、パーティと
いっていい。こうして、今日書いた、BBQなんて、ほんとに楽しい
ひとときで、みんなに知ってほしいし、そういう機会をやっぱり
作っていきたいと思います


世の中が落ち着いて、みんなが、一緒に交流するって、こんなに
楽しいということを、再認識したい。そういう気持ちが
最近、自分のなかから、湧き出るように、あります
人と人はつながっていかなければ、やっぱり、人生の楽しみの
相当な割合を、うまく楽しめないですよ

今の世の中を見ながら

河合隼雄先生の、「カウンセリングを語る」という本があります
これは、今もそうだし、かなり前、自分が代表取締役に就任する
21年前には、そう思っていたのですが、社員を指導していくときの
「教科書」ということになります


「対人援助」という視点ということを、この本のなかで、学びました
あなたが、医者のまえにすわってるとします、と例がでてきます
医者が、あなたの症状について、これこれですといったとき、自分は
どうするか?「勘」に頼るのではないか。たとえば、知識で対抗できる
ものがあれば、知識でやります。ところが医者と自分、専門家と
しろうとです。知識では対抗できない。そうしていくと、「勘」しかない


これと同じことが、先生と生徒、上司と担当者で起こるのです
先生が、さあ、同じ土俵で話そうとか、上司が、上から目線でなくて
あなたの立場にたとうとか、教科書に書いてあってやろうとしても
まず、立場、知識、そのときの意識、全然ちがうのですよと
解説します


そうした、立場のことからはじまり、2年ほどまえに読んだ、1on1のことを
書いてある、社員指導のノウハウ本にはこうあります
あなたは、将来どうしたいですか?と聞いて、その答えが
明確に出てこない人を、責めたり、ああ、あんまり積極的でない
とか低く評価するのは、やめなさい、と、あります
なにを言ってるか?今、令和の時代、これほど、先が見えなくて
不確実性が存在する、世の中で、明るい未来を夢見るって
どうなのよ、と、続きます


「時代」「世の中」ということがあります
今、手に取ってる本、山本幸久 「花屋さんが言うことには」
これは、ブラック企業に勤める人の話からはじまり
おととし、本屋さん大賞をとった、町田そのこ、
「52ヘルツのくじら」は、虐待されてきた、主人公の話が
話の軸として、でてきます


今、書かれてる、作家が描く世の中というのが
どうも、暗い世の中の一部を、そのまま、存在するのだという
認識で存在してるのを、知るということが、必要のようです


ある人が言います。「目標」を持つというのが大事なのは
理解するのですが、さて、自分の目標となると、うまく
立てられないのです、とのこと。おそらく、学生のときから
人に褒められるといったことが、いいこと、みたいに
生きていた、少なくとも一部分はそうだった(そう書けば
自分自身そうともいえる)人が、社会にでて、自分の目標を
さがすというのは、確かに、簡単ではないようです


若いときというのは、たくさん可能性があります
それは確かにそうなのですが、目標を決めるとか、ある判断を
するということは、自分で、自分の可能性のうちの、ある部分に
すすむと、決めると言っていいでしょうね。いいかえれば
ほかの部分の可能性は、捨てるということにもなります


そういう判断、を、するということ、これはまさに「生きる」
ということに、必要なことと言っていいのですが、できるなら
そんなしんどい(と見える)判断はしたくない・・・

 

ですが、判断して、なにかを考え、その考えにそって、経験を
積むということをしなければ、少なくとも「達成感を感じて」
だとか「ちょっとやそっとじゃめげない自分を作って」
といった、なにかしらをつかむというのは、とても難しいでしょう
いいえ、はっきりいえば、そうして、判断しない、言い換えれば
「逃げ」的なことをやるのが、普通になってしまうと、生き生き生きる
というのはできないでしょうね


私は、若い人が、仕事を通じて、元気に、達成感を感じること
つまりは自己実現できることを、望んでいます。そうできるステージを
作るために、いろいろしようと思います


さて、自分のしてることは、はたして、どこまで、どのレベルで
効果があることなのか、検証するのも、うまくなりたいものです

金利の話

日本は金利をあげるべきか?
この答は、少なくとも私だったり、今生きてる
リアルタイムの人のなかで、意見は言えても
ない、持ち合わせていない、だろう


今年は、国政選挙もあって、今日の日経にも
そのことが、ひとつの焦点である、といえる


判断する側のひとりはいいます。今金利をあげれば
個人は住宅ローン、中小企業は借入金利があがることに
なり、景気悪化の原因になります


一方の新聞等の論調では、日米をはじめとした
金利差が開けば、円安が進み、物価高につながります


どちらもあって、どちらかを避けるというのは
ない、とも見えます
少なくとも長期の視点でいえば、どこかで金利
あげなくてはならないのは、相当数の人が知ってること
とも言えます


日本は金利をあげるべきか
実際のところ、先週当社にいらした、銀行の部長さんは
金利はあがります、と、明言しておられました
たぶん、確固たる根拠というより、実際長期プライムレート
あがりだしてる、という、そういう状況証拠のなか
金利があがりだすと、その流れは基本は変わらないという
いままでの経験値からくるもので、お答えになっています


金利があがるのは、ひとつにはいいこと、とも言えます
というのは、今の金融政策をどうみるか、ということでしょうね
今が、異常、であれば、正常にもどすのが、あるべき姿です
ですが、日本のいろいろを、うまくいってる、金利もこれだけ
長い期間、ゼロベースにするというのは、いわば、正しい選択だと
みたりすれば、はたして、そのうまくいってる政策変更はというと
慎重になったほうがいい


金利であり、為替などというものは、後からみれば、ああ、こういうこと
だよね、があるにせよ、リアルタイムのなかで、選択をするのは
もう限界というか、難しいなどという言葉の概念はとっくに
飛び越えてるといっていいのではないでしょうか


長期的にみれば、金利はあげたほうがいい
今はどうでしょう?
あなたが、判断する人となったら、なんて答えますか
しばらく、ゲームのように、このことを、言ってみましょうか


この、金利差の拡大は、いつかはくることともとらえていいですね
答をもっていない、というのは、やっぱり、異常かな。

時間は有限だと知る

時間は有限だし、自分の体力そして、体そのもののいろいろも
有限だと、気づくということが、大事なことです
若い人といっしょにいると、自分を大切にできてないのでは
ないかと、思う場面がやっぱりありますね


若いと感じてるときって、「自分の人生の時間はまだまだ、たっぷりある」
と信じていること、に、近いのですよね。それはいいこと、とも
言えるのですが、だから、自分のまわりのいろいろを、ぞんざいに
やっていいとは、ならないのです


今、私、週一回、テニスのレッスンにいきます
そして、練習すると、練習するだけ、テニスはうまくなるのですよ
あ、継続して、ずっとずっとうまくなっていけば、すごいものですが
そう、なかなか、積み上げがうまくいかないこともあります
だけど、一定のところ、「意識化の原則」「過負荷の原則」
といったことも、実際やっていて、感じられるくらい、ある部分
ある時間は、うまくなっていくことができるのです


そして、やっぱり、時間は有限だと、感じることもテニスしていて
思います。やり方で、いろんなレベルアップは可能かとも思うのですが
たとえば、練習時間。一日に4時間、5時間なんてやるのは、すくなくとも
すぐにはしんどいです。そうなると、無理がないところで、1時間半、2時間
くらいが、一日できそうなこと。そのなかで、いかにうまくなるか


これに近いことは、仕事でもあります
営業は人と仲良くなることですが、やっぱり時間はかかります
技術って、得た知識を、自分の行動で使えるようにしていくことが
大事ですが、それだって、一回やれば、OKというのは天才で
繰り返しやる、つまりは時間がかかります


そうしたとき、仕事でどのくらい、時間をかけられるのか?


時間は有限なのですね


まえに、絵を描くというときのことを、うちの奥さんに聞いたことが
あります。ある風景、あるものを、絵に描きたいと思ったら
繰り返しその場所で絵を描くのだという、話になりました
季節、時間、光の具合が変わるのを、いろいろ変えて、同じ場所で
絵を描く


なぜ、そこまでするのか?
絵を生活ととらえると、でてきました


絵、に限らず、ある仕事、あることを、どうしてもやるとなったら
それは生活、としてとらえるということが、大事、じゃないでしょうか


人間、生きていて、なにをするのか?自分で決められない
ということが、多くおこります
あなたが、若くて、いろんな判断がまだできなくて
つまり、自分が人生になにをかけるか、決められないとしたら
私がおすすめする、生き方は、まずは「ふりをすること」ですね


技術者が、技術者になるためのいろいろをやってる
自分は集中して、人生をかけてやってると、思うことを、自分で信じてるふりをして
やってみる


営業マンしかり。


そこまで、一定の期間やったとしたら、きっとそこから見えてくるものが
あります
何か見えてきたら、そこで、また考えたらいい
すくなくとも、私はそれに近いことで、ここまで歩いてきました

夏を過ごす食事

新鮮な食材に出会うと、うれしくなります
昨日、とれたてのとうもろこしを、楽しみました
都会にいると、とれたての、野菜というのは、なかなか
手にすることができません。それだけにうれしいです


食材の新鮮さ、ということで、気になるのは
野菜、魚貝ということになりますね
野菜は、生産者直売のところに、行きます


野菜がならんでいると、なにを作ろうかわくわく
します。サラダ、おひたし、煮物。
新鮮な野菜なら、どう料理しても、おいしいですね


ある日の、長澤家の、献立


枝豆、お豆腐(冷奴)、なす、きゅうり、みょうがの浅漬け
だいこんと、油揚げのお味噌汁、ニラレバ炒め


夏には、枝豆があると、うれしいですね
お漬物、好きですが、なかなか、ぬか床をもつ
というのが、できていません。ゆえに、自分でおつけものを
となると、浅漬けの類になります


夏野菜では、なす、好きですね
なすは応用範囲が広い、野菜です。炒める、焼く、そして
塩にして、ナマもおいしい。こういう万能選手をひとつ
軸にすると、その日の献立が楽に作れます


なすみそ、焼きナス、なすと〇〇の野菜のいためもの
それから、相性のいい、トマトとのあれこれ。
なす、トマトが並ぶと、イタリアンになっちゃいますね


献立のバリエーションをふやすときに、強い味方なのが
イタリアンだったり、中華の知恵です
オリーブオイルの香る、イタリアンがあったり
少し豆板醤を聞かせた、中華があったりすると、ほんとに
目先も変わるし、バリエーションをつけるには、いいものです


これから、暑い季節ですね。暑い季節に、その対処を
食べ物でするのには、2つ方法がうかびます
ひとつめは、見た目。涼しそうなみためにしてみる
ということ。ふたつめは、定番の考えですが、↑にも書いた
なす、トマトが中心かなと思いますが、夏野菜をよく
使うことでしょうね


涼しそうにみせるのには、食材そのものもありますね。酢の物
だったり、サラダの類は代表です
そして、器が味方になってくれるかなとも、思います
寒色系の器を使うこと、それから、素材がそっけない、もしくは
そっけなく見えるものにするのも「手」ですね


夏は大好きな季節です。ですが、身体にはやっぱり一定の負担が
増すものです。食事を工夫して、見た目といった、気持ちの
ところも、気を付けて、夏を元気に過ごしたいですね

未来

未来のこと、期待できるのか?
そういう話題になると、どうも、すぐ、ええ、期待します
未来を信じます、言いづらい、とも言えそうです


自分が10代、まだ社会にでていない40年前と今となにが
ちがうのか?ということを、思ってみます
40年前は


インターネットない、少子化、少なくとも、問題化はしていない
グローバル化、まだ、進んでいない、地域社会が、元気だった、平和だった・・・


今のほうがいいことも、たくさんあるのでは?
とも、思うのです
多様化を認める、社会、個人のことを、守る社会
世界中、行きたいところにいける(このしばらくは、そうでもない?)


いくつか思うに、「人の意識」の問題かなと思ったりします
つまり、未来を信じられるなという、感覚が減ったこと
意識の差であって、実際は、40年やそこらで実質の世界の
なにかはそんなには、変わらないということもあるのでは
ないでしょうか


自分には、子供がいない、ゆえ、これから先の世代がどう
生きるかについて、関心がうすい?実際そういう面は少し
あるかもしれません。ですが、ひとつの企業の経営者として
企業が生き残っていくにはという意味では、経営者を
経験していない人より、別の視点で、これからの世の中を
見なくては、という感覚はあります


企業というのは、やっぱり現在進行形で、よくなっていってるという
ことがないと、うまく動いていきません。今日より明日、ちょっと
ずつでも、よくなっているなということが、必要な要素と
言っていいのです
このことは、若い人に可能性がある、ということに少し似ています
若い人、たとえば、20代の人には、可能性が大きくあると思って
います。そうした人には、周りの人は、やさしいものです
これから、いろいろやっていくんだよね。今はまだ知らないこと
多いけどね


企業が現在進行形で、よくなっていくというのは、可能性が
あるということです。その可能性に、期待しようという
人がいて、人が集まり、仕事をしよう、仕事をしてもらおうと
なるといっていいと思います


40年前と今
どうも、「差が大きい」ということもありそうです
人、それぞれ、なのは、そうなのですが、一律に豊かになった
とは言えない。一部の人が豊かになり、そうでもない人は
結構、豊かにはなれていない
このあたりも、これから先、あまりいいことないのでは
ないか、と思わせる一因とも見えてきます


どうしたら、人が幸せになれるのか?
ある本には、これだけ、不確実なことがふえて
先が見えない、今の世の中。単純に「未来を信じよう」
というのは、どうも、どう信じていいのかとか、言われそう
そういう、今の状況をふまえたうえで、どう生きるかとなる
とのこと。
これは困ったな、という感覚です


でも、でも、未来を信じたい
未来は、きっと、素晴らしいと、思って、そのなかで
幸せになっていく、自分をしっかり、デザインしたいものです