変化をとらえる

テレワークしていて、感じることがある
いま、自分がやってることの意味を問い直す
くせがついてるということです
大学卒業してから、「仕事する」ということは
社員が集まるオフィスにいて、なにかをする、そういう
ことと同義として、やってきて、テレワークということが
できる、ということが、信じられないという感覚で
やってきました


他に選択肢はなくて、テレワークがはじまって
一応、毎週2日か3日はテレワークしてるということが
あります
自宅にいて、なにを感じているか
それは、出社して、オフィスにいるときよりも
ずっと、自分の存在意義を問う、そういう気持ちが
前にでてくるということです


早くいえば、家にいて、仕事してるんだか、休んでるだか
「自分の意識」以外で、違うことは、ないのです
だから、自分の意識が仕事してる、それも、意味のある
私の立場でいえば、少しでも会社がよくなることにつながる
仕事してる、そういうことに、したい、となっていきます
そう、仕事してるぞ、と自分自身に言い聞かせて、他人にも
そうなんですと、つっぱってるような、感覚がでてくるのです


私のいまの立場での、やることは、ふたつと思っています
ひとつめ、人材育成、またそのためのプランニング。
ふたつめ、明日の事業について、情報収集と計画。


半日という時間を、あるとき、人材育成の研修計画の作成に
使ってみたり、ときに、他社動向、異業種のなにが動いてるのか
知るということに、使ったりします


今年は、感染症との「戦い」といったことが、世の中の
大きな変化をもたらしています
昨日、2020年8月10日付の日経新聞に、設備投資が減るなか
唯一(だと思う)IT関連投資は、15%を超える伸びを
示すというのが、出ていました


幸いにも、私たちの業界には、風がふいてる
この風にのって、顧客をとらえて、事業を伸ばしていけるのか
このことが、大事で、急がなくてはならない、いまの当社の
大きな曲がり角といっていいでしょう


この変化を、会社にとって、いい変化にできるか
そのことが、今後を占う、重要で、また重い、物事になると
感じます


計画をたてて、その計画が、「マーケット」を相手に
しなくてはならないとなったら、計画が、相当の割合で
見込み通り進むというのは、割合としては高くないことを
まず知って、計画しなければ、だめでしょう


変化の時代のマーケットを予測できたら、その予測すること
自体が事業にできますからね。


世の中の変化と、テレワーク
なんと、目まぐるしい、ときでしょうか
でもそうだから、チャンスがある、ともいえるでしょうね

なりたい、自分を持ちましょう

自分がこうなりたい、こんなふうなイメージの
自分になりたい。
こういうことを、思えるのか?って、とっても
大事です


スポーツをやります。上達したいと思う。テニスで
いいサーブを打ちたい。ストロークでしっかりロングで
打ち合い、ラリーが続く力をつけたい
こうした、具体的なイメージをもって練習するから
うまくなるということがあります
それには、いい試合、素晴らしい選手が活躍する試合を
みて刺激を受けるって大事でしょう


仕事でも、似ています
いいチームにいて、先輩がいい活躍をする
たとえば、プロジェクトで、難易度が高い、開発の
仕事を進めるということがあったとします
実現方法がそもそも、難しい
その難しさは、たとえば「分ける」ことができないか
それからいま、できるリソースでできるところから
ミニマムスタートができないかなど
ひも解いていく・・・


なりたい自分をもつということ
高い、気持ちをもつこと。そしてそれを継続すること
人間の成長には、必ずほしい、やることです


ただ、なりたい自分を持つ、ということ
下手になってしまっていないか?
ということが、気になります


成功を手にした人が、必ずといっていい、若い人に
送るメッセージに「夢をあきらめないで」
ということがあります


そう、思い出してみれば、小さい、うちは、だれもが
アーティストであり、サイエンティストであり、夢を
もっているものです
それを、少しずつあきらめてしまうということが
起こるのですね
だけど、夢、あきらめないでいることが、少なくとも
なにかを続けて、自分を高めていくということでは、必要条件では
ないでしょうか?


あらためて、夢をもつこと。なりたい自分をもつこと
そのことに、チャレンジしてほしいと思います


夢につながる、そういう話でいうと、気づきがある
ということも、言えると思います
ああ、いいな、自分もこんなふうに、考えをもてる
振る舞えるといいな。そういう気づき
「はっとする」ということも大事だと思います
ちょっとしたことで、はっとして、いいなと、思う


そんなふうな、やわらかく、うるおいをもった、心でいたい
そういう状態を続けたい


夢。自分が夢を持ってるって、まずいいなと思いたい
夢、どこかであきらめた??
いいえ、またもてる。人間の可能性は、とっても大きいのです

デジタルネイティブ

「聞いてない」という状況を作らないこと
このことは、柴田励司氏のセミナーで聞いたことです


なるほど。


連絡のしかた、とくに人事など、重要なことについて
先に知っておくべき人に伝えておくということ
チームを円滑に運営するこつといっていいことですね
そういうことを、思うと、そういう知ってる場
伝えていくということが、いかに大事か
そういうことを、とても、気にします


会社を運営していて、いかに社員のひとりひとりが、気持ちよく
そして、成長するように、働いてもらうのかということが
気になります
「関心とコミットメントをもってもらうために、仕事をふる」
そういうことが、あるのだと、感じます
問題があって、それが難しかったり、長期にかかるというときには
この考え方ということの存在感が、大きくなると思っています


私は人材育成に取り組んでいて、いろんなギャップというのを
感じます。自分より20歳以上歳がはなれていたら、世代の
ギャップということがあります
ちょっと考えると、あたりまえといえば、それまでなのですが
育った環境がちがうのです


昭和40年代、50年代というのは、日本人(いいえ世界の人も一定の
ところ)大人になったら、自分は豊かになって、幸せになれると
信じられた、世の中が背景にあったと思います
成功者がいて、会社にはいって、稼ぐということが
豊かに単純になれると思えた。経済は右肩上がりだった
公平と信じられる環境がありました


それに比べたら、たとえば、平成の10年代、20年代って
どういう時代でしょうか
経済は、横ばい(これ、縮小しないだけでもすごいともいえるのかな)
不公平、と思えることが、多くある
デジタルの浸透、いつもつながってる、感覚
努力しても(自分は)あまり変わらないという、無力感


社員のなかで、デジタルネイティブという言い方をした
人がいます。確かに、今の世代のほうが、ゲーム、SNSスマホ
使い方は、堂に入ってるし、うまく利用しながら生きることが
あたりまえと思ってる・・・


実際のところ、ここ数年で、ある世代に対してはいきなりは私も
電話しなくなりました。電話というのが、苦手な人が多いことを
思うからです


関心とコミットメントをもってもらうために仕事をふる


どうすれば、うまくいくか
仕事してもらうということが、円滑になるようにしようと
やってきました
立ち止まって、考える、これも大事なのですが、なかなか
つなげて、考えるって、そうそう、うまくできるのかなとも
思えてきます
だけど、考える。これも忘れては、やっぱりだめでしょうね
どうすれば、関心とコミットメントをもってもらえるのか
正面から考える時間も、とりたいですね

月と景色

一昨日、昨日の月の美しさは、とてもいいものでした
「観月台」と呼ばれる場所が、昔作られた庭園にあるのを
みたことがありますね


月を見る、ということにこだわった、足利義政が、銀閣寺を
作ったことは、よく知られてることです
少し前の、NHKの番組で、月をみながら宴会をするのが
好きだった義政のこだわりといったことを、やっていて
月が、遅い時間からでて、明け方沈むまで楽しんでいた
という場面があって、ありゃ、ここまでやるのかと
思ったのを思い出します


東山魁夷が、京洛四季という連作のなかで、花明かりという
作品を描いています。この絵を描いたときの、文章も
残していて、ぜひ実際の描いた場所にいってみたいと
思いました


もう10年近く前ですが、京都円山公園に花明かりの
場面を見に行きました
枝垂れ桜は、ほんとうに、こぼれるように咲き、そのうえ
東山から月が昇ってきたのです


あこがれた風景は、ある程度再現されたのです


ただし、実際のところ、宴会してる円山公園の喧騒が
どうも、雰囲気に浸るというところまでいかず・・・


でも、想像するに、東山魁夷はやっぱり、人の姿も
みていたのかと思いました。そうしたうえで、美しい月と
花だけ、絵にしたのかもしれません


ときどき、人、(自分も含めてなのですが)が、自然の
美しさを邪魔してること、そして、建物を建てるとかは
そのまま、そうとも言えるのですが、自然破壊の当事者だと
思えてくることがあります
そういうこともあって、最近は、まわりの景色との
調和を目指す、建築物の在り方が、模索されてるもの
ありますね


月をみること
そうした時間を、大事にできること
それが、人生を楽しむ、大事なヒントになるように
思います


梅雨が明けて、暑いことは、体にこたえますね
だけど、やっぱり青空があり、ときに月がくっきり浮かぶ
景色は、なにものにも代えがたいものだなと、しきりに
感心しました。

心の鍛え方

確か、NHKファミリーヒストリーという番組だったと
思います。主人公がだれだったか、忘れました
その主人公の母親、もしくは祖母にあたる方が、80代で
映像に残っていて、言った言葉が印象に残っています


「人生において、最大の喜びは、長生きすることです。そして
今日のように、自分のことを覚えていてくださるかたとこうして
会うことです」


人間、人と接して、いろんなやりとりをして、いっしょに汗を
流すということが、生きてく上ではとても大事な経験になっていきますね
そして、いっしょに汗を流した人と、ときには、会って、懐かしいといって
話すことが、とてもその人の心に潤いになる。そういうことが
だんだん、本当に大事なんだと、理解できるようになってきたと
感じます


心も、例えが適格とは言えないかもしれないですが
筋肉といっしょで、鍛えるほど、いろんな意味で、成長する
いろんな対応ができるようになるといっていいのでは
ないでしょうか?


心を鍛える。そのためには、まず、味方となってくれる
人と協力してなにかをするということが大事だと思います
学ぶことが、そうです。作業といってもいいかもしれないですが
仕事をよりうまくできるように、学びあう。お互いの
いいところを、褒めて、だめなところを指摘しあう
ちょっとやそっとの、傷つくようなあれこれは乗り越えられる
そういう関係をしっかりもつ。それが大事です


河合隼雄先生の著書から、カウンセリングを学びました
もちろん、まだまだ入り口といっていいかもしれないです
カウンセリングを語る、という本から「対人援助」といった
仕事に携わる人の、基本といっていい、心構えを学んだつもりです
それは、傾聴であり、相手が心を開いて語ってくれるということが
まず、なんといっても、入り口になるということになります


実践していくと、わかるのですが、言ってみれば、状況が
ひっ迫すればひっ迫するほど、立場が違う人との話し合いは
難しくなります。人間の心はある面、弱さをもってることが普通と
言っていいですから、ひっ迫してくると、どうしても
立場が違うひとを、言ってみれば、状況が悪いことの犯人に
仕立ててしまっている。そういうことが起こりがちです


そういうときこそ、カウンセリング的なものが必要、それも
そうなのですが、状況が悪いと、立場が違う人は心を
開いて、語ってはくれないものです


それはもともと、味方のはずの人ほど、そうだともいえます


お互いの心を鍛えること
鍛えるために、その、基本をいろいろ作っていくために
お互い信頼度を高めていくこと
こればなにより増して、必要になります
そのためには、やはり一定の時間と、お互いを思う気持ちを
ずっと工夫しつつ、高めあうってことが、必要です


チームビルディング。人となにかをするときには
LILI、リリーといっています
Listen Inform Lead Involve
聞くこと、知らせること、引っ張ること、巻き込むこと
基本に忠実にやっていきたいところです

意欲喚起力は、感動とつながる

若い人が、成長するのに、一番いいのは
あるステージで活躍する場を持つことです


こうした、話が頭にすっと、入ってきました
確か、2年ほどまえの電車のなかのことです
そうなんだ、そうだとも、と、すぐ頷いてる自分がいたのです


20代のときでした
子供ミュージカル、そう小学生、中学生が中心の演劇のサークルを
ボランティアで、やっていました
舞台にのる、ということ、はじめての経験なのかもしれません
まず、動いてみる、いわば、遊びの延長としての、おどりや
セリフをいっての、演劇の練習が、実際、公演日が
近くなって、練習を親御さんだったりが、見に来るケースも
ふえていきます。そうなると、あら、あら、不思議。
ただの、遊びに近かった、踊りや、演技が、みるみる
パワーアップ。演じたい、踊りたい。それも
自分が輝くようにやろう、そういう意識が前にでてくるのです
そして、動きがまるで、ちがう。


踊りにしても、そう全然、トレーニングされてない、人形芝居を
みるようだったのが、いい動きであり、表情が変わり、踊る
ということに、喜びがみえてくる。「変わる」のです


先日、ひとりの社員と、「意欲喚起力」ということを
話していて、その社員は、創作の世界ではそうしたことが
あるのがわかる、だけど、実際身の回りにおいてのエピソード
なんて、ないですね。と、言ったのです


はた、と気が付いたのは、その実際、自分のまわりでは
意欲喚起してる場、誰かがアシストして、そういう場を
持てるなんてこと、起こらないと思っていたのが、実際
あれ、スイッチがはいったように、人が変わるということを
目の前で、見ることができたら?それこそ、この人は変われるのでは
ないか?自分が、相手にそうした、いい影響を与えることが
できる、そう実感できたら?


演劇、私が関わったことのある、学生演劇は、そういうことを
求めてることが多いと思うのですが、よくいう「アンサンブルの楽しさ」
ですね。なにもステージに実際立つ人だけでない、照明であり、サウンド
だったり、衣装、メイク、そして、大道具、小道具のことにしても
いっしょに舞台を作る。どうしたら、舞台がいいものになるか知恵を
しぼる。こうしたことを、いろんな立場から、やって、ひとつの
舞台が、言い換えれば、感動が、生まれるのです


今日このブログを書いていて、演劇に学生のときに関わって
感動できる、ということを、知ってる自分というのは、ある面、幸せなのかも
しれません。


ごく親しい人と、あるとき話していたのとき、「人生の宝物」といっていいことを
知っていたほうが、人生豊かになるよね・・・
恋愛がそう、家族で過ごす時間ということも、そうなのではないか?


そこに「感動する」といったことが、定義のなかで大きいのであれば
演劇という舞台を作ること、自分の表現をして、他人になにかを伝えること
仕事において、自分が理想と思うことを、成し遂げること
これらも、人生の宝物といっていいこと、では、ないでしょうか?


人間、ひとりでは生きられないのですね
ですから、できれば、他人といい関わり、いいやりとりをして
なにかしら、作り出す。そうしたことを、目指してくれたらいいなと
思います。また、「若ければ」いろんな可能性をそれぞれ、持ってるものです
その可能性を花開かせていくべく、自分をトレーニングしてい
いきたいと、思いたい。そういう場を提供したいと、思います

好きになるカフェって?

鶴見に「マチネ」という店があって
結構気に入っています


https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140210/14069503/


店内のインテリアが、落ち着く、また、明るいですね
明るいことと、あいまって、なんというか、「開いてる」
っていったらいいでしょうか?
出入り自由な、開かれてる感覚がいいんですね


ときに、2時間とか、長居させてもらって、ひとつレポートとか
かいちゃったりします。パソコンひらいて(電源もあり)
時間を使っていてもだいたいだいじょうぶです


鶴見でいえば、禅カフェ、坐月というのが、駅ビルに
あって、名前に「禅」とついてるように、奥に
日本間(座れるのですが、たいてい、あいてますね)
があり、つまり、茶室があります
雰囲気がいいので、使いますが、やっぱり、駅ビル
それなりに混んだりします


ときどきいく、信州、安曇野は、そりゃもう、カフェは
そこらじゅうにあって、楽しいです


ひとつ、気持ちのいいカフェの、ひとつの条件が
お店の人が、放っておいてくれるということが
ありそうです
せっかく、家でなく、カフェで時間を過ごしたい
気持ちのいい時間にしたいというときに、お店の
人がどうぞ、自由に静かに過ごしてねと、放っておいて
くれるのは、やっぱりうれしい


結構好きなまんが、「クッキングパパ」にも
ブルーベルという、喫茶店がでてきて、そこのママは
放っておいてくれる・・・という記述があって
やっぱりね、と、思います


カフェというと、メニューが大事ということもあるでしょうが
私としては、ランチだとか、ケーキだとか
そういうことには、そんなに、意識しない
あ、カフェとして、ということね。ランチにはいるなら
メニューはきになりますけどね


その名前のとおり、コーヒーがおいしければそれでいい
ですね


カフェではなくて、ファミレスですが、放っておいてくれる
ということでは、それもいいです
ただ、ファミレス、結構混むということもあるし
どうも、やっぱり店主の目が行き届かないから?
ざわざわという感覚はあって、いい個人店のカフェとは
あきらかに、雰囲気はちがうものです


よく行く場所だと、カフェはみつけておきたいと
思います。たとえば、30分、時間があいたら
そこで、少し考え事だとか、メールその他のちょいちょいとした
仕事はできるからです


あなたの、好きなカフェの条件はなんですか?