時間栄養学

経営者をやっていて、最初に思う、基本的なこと
それは、ひとりひとりの社員が元気で、前向きな気持ちを
もつ。できれば、一日に一度は、欲張れば、一日のうち
半分以上の割合の時間でそうだといいな、と思います


元気で、前向きなこと。これがいかに大事かと思います
元気で、前向きであれば、もっとなにか、自分のことを
向上させたいという気持ちが、自然につながるものです
そうなれば、一日にたとえば、30分、なにか継続して知識を
つけようだとか、そうした、習慣が作れると思います


ある日、社内で、社員が目標をもって、仕事に取り組むのが
大事、という話になりました。途中は省略しますが、いまの
大変な時代に、安易に目標を持てよというのも、少し乱暴
かもしれません。だけど、ボトムアップなアプローチで
自分が元気、前向きな気持ちをもてた、そういうタイミングが
増えたということで、ちょっとずつでいい、自分のなにかを
いいほうへ、アップする。それをやろうとなってほしいと
思います


時間栄養学。当社が、社員の健康サポートをしていただくという
ことで、契約してる、OHサポートさんの保健師の方が教えて
くれた、キーワードです。体内時計が、ずれることを
朝の光を浴びること、朝ごはんを食べることで、修正し
身体の代謝をあげて、いいパフォーマンスをだせるという
方向に、自分でもっていくということ


上に書いたことは、ぜひ、社員の人は試して、できれば
続けてほしいと思います
その当日一緒にいた、自分は、なかなか、20代というのは
自分の身体を守る、自分の健康をよりよくするということを
意識してやるということは、しない、というか、今現在
自分の意識として、とても元気だし、そのためになにか時間を
使うとかしなくていいと、思ってしまいがちだということを
自分の体験からも、そうだと、認めたうえで、この「感染症
のこわさ、ということを、思う時、変えていくチャンスだと
話しました


こんな怖い病気が流行ってるから、20代だろうと、何歳だろうと
自分の健康を自分で守る、ということをしないというのは
ちょっと、考えが浅いといっていいのではないでしょうか


時間栄養学。とても大事なキーワードをもらったと思っています
人が生きるときに、なにかしら、いいなと、気づいたら、そのことを
自分がメリットをもらえるように、行動に結びつけるということが
生きる知恵、よりよく生きるための、大きなポイントといっていいと
思っています


あれから、少し時間がたち、忘れてしまったという人も
いると思います。覚えていて、なにかしてるという人もいると
思います
もう一度、その意味を思い出し、行動していくためのなにかをしたい
と思います。


健康経営。社員ひとりひとりが、なにかしら、意識して
健康のためにやる。難しく考えると、そうだともいえるのですが
情報提供をし、ちょっとずつ、一日にできることをする
そういう、ちょっとずつの、行動を積み重ねていくことから
変えていきたいと思っています

信州

山下大五郎という画家がいて、安曇野の美しさを
私に、パイロットのように教えてくれたということが
あって、きっとずっと忘れない、アーティストに
なっています


もとになる「安曇野」という場所
昨日、旧友にあって、安曇野安曇野の周辺の高いところ
から見える、山の美しさというのを、語りました
やっぱり、山が好きという、その相手は、きっと
頭の中で、山の姿を想像しながら、まぶしい顔を
して、聞いてくれました


ときどき、知り合いとか、久しぶりに会う、友人に
信州の話をします。信州の山、田舎の風景の良さ
といったことを、話します


今年の夏は、信州のお隣、県境を越えてすぐにある
妙高山のふもとに、宿をとり、山を眺めました
姿のいい山は、おそらく相当な割合でそうなのですが
「ご神体」として存在し、その近くに神社があるのですね
妙高山のふもとにも、関山神社があり、織田信長に攻められる
まえは、そうとうな、神職をかかえ、たくさんの伽藍が
あったという解説を読みました


その関山神社で、買い求めたお守りを、ネタに少し
山の話をしました


山が好きな人には、山を眺めるのがいいよね
の、一言で通じてしまいます
え?山眺めるとそんなにいいの?といいたくなる
人もたくさんいる(かつての自分もそうでした)
ひとつ、パイロット役となった、山下大五郎の絵の
話を少し書きます


安曇野には、有明山という特徴のある山、そして田んぼがあり
東山(アルプス側)とその反対、西山の間が、複合扇状地
になっていて、ほんとに、ひろびろとした土地となって
目の前に展開します


山下は、抑えた色なのですが、どこまでも、ぬけるように
明るさをもった、色を使い、大胆な構図をもって
その安曇野の明るさ、のんびりさ、日本の田園風景の
いいところは、こんなにいいんですというのを、表してくれ
ました。不思議なことに、山下の絵をみたあとにその風景を
みると、その山下が描きたかった、なにかが目にはいって
くるということがあります


画家が、パイロット役になって、風景のすばらしさを
伝えてくれるということは、くりかえし感じてることです
そのこと、がよくて、好きな画家ができたら、そのモデルとなった
風景があるなら、そこに行くということを、何度もやります


信州というのは、ほんとに、山の風景の、いろいろの
バリエーションも多い、場所で、好きです


東京から、高速道路ができましたから、4時間ほどで、車で
移動できます。また新幹線というのもありますが、電車だったら
新宿発のスーパーあずさで、沿線の風景を眺めながらが
おすすめの行き方になります


人におすすめしていると、また、信州に行きたくなるのです

twitter

昨日、twitterをよく使いますという人と
話したら、アカウントを4つもっています
という話になって、「わ、すごいな」というか
「え、自分はやらないかも」という感じで、話を聞きました


どうも、「プライベート(友人)」「プライベート(趣味)」
「ビジネス」「?」みたいな感じらしいのです


そうみると、分けたほうがそりゃ、話題はしやすいかという
感覚が少しわかります
だけど、やっぱり自分ではやらないかなとかね


だいぶ前になりますが、「mixi」にて、趣味の仲間が
集まる、話で盛り上がったのを、覚えています
だけど、あまり、プライベートなこと、たとえば今
ここに出かけていますとか書いて、誰が見るかわからない
ってことは、自分が留守なことを、誰が見るのかわからない
ってなことにもなって、一切、誰が見るかわからないSNS
自分の行動がそのまま、わかっちゃうことは(少なくとも
リアルタイムでは)書かないということにしました


もちろん、上記に書いたtwitterに慣れてる人は
その今を書くときには、全部匿名でやってるとのこと
そりゃそうだよねとも、思いました


今、ITの仕事をしていて、仲間となるのに、twitter
よく使います
一番の悩みは、知り合いにはなれるのですが、そのあと
どうやって、仲良くなるか?ということに
なります
そういうなか、最近知り合った人が、オンライン打合せで
やっているのは、自己紹介を、手厚くやるということでした
これは、なるほどと思うことで、趣味の話などやるのは
ありだと思います


一方、ビジネスで知り合った人に、その人の趣味の話を
長く長く語られるというのも、人によっては、はたして
どう受け取るのかということも、あります


まあ、一概には言えません


人と人が仲良くなる
たとえば、「共通点さがし」なんていいでしょう。
ビジネスでの共通点さがし。大事なことだとも言えます
そして、その共通点がみつかったとして、そのみつかった
というインパクトを、しっかり、刻むということができないと
やっぱり「忘れる」ってことにつながるので
つまりは、普段なにを考え、なにに、アンテナをはってるの
ということが、やっぱり大事といえそうです


人と人が仲良くなる
「意欲」ということが、大きいとも言えます
意欲のある人、高い人は、周りを巻き込むということが
あります。だから、現状の自分のいろいろを、なにか少しでも
いいほうへ、やりたいと思う人は、意欲の高い人は
自然といいなと、つながりたいと思うようになると
感じます

生きにくさのなかです

人に会えないということ
それは、自分に成長がない、きわめてやりにくい
ということに、なるのではないでしょうか?


人は、「楽なほうへ」いろいろやってしまうという
ことが、避けられません。だけど、仲間がいて
その仲間がなにか、喜ぶとか、助かるのであれば
自分が、時間を使い、面倒なことをやっても、やろう
となるのが、いい感じの、生き方とも思いますが
その、「つながり」を作ることが、やっぱり「会う」
ということを、通じてしか、できない、とも思うのです


ドラマにおいて、すれ違いであり、対立というのは、必ず
といって入る要素といっていいですね。人と人が、なにか
する。すれ違ってしまう。ぶつかって、対立が起こる
こうしたことは、ドラマという空間だから、と思うかも
しれませんが、生きていれば、ドラマより、素晴らしく
より、鮮烈なことが、起こるのですよ
まさに、事実は小説より奇なり、といっていい


これはやっぱり、会うということがあっての、いろいろだと
思います。会うに優るコミュニケーションの手段はないと
考えるからです


こうして、会うということが、少ないのであれば
少ないから、貴重なんだと、認識することから、はじめる
しか、やり方はないのではないでしょうか


よく言われること
自分には、出会いがない、といったこと。それは多くの場合
出会いはあるのですが、自分の側にその出会いを活かす内容が
ないということが、あるようです


例えば、アートならアート、リーダシップ、でもいいでしょう
どんな分野でも、こだわりといったことでもいいと思います
ある人と、それなりの、接点ができるチャンスがあるのに
自分の側にそのアンテナがないゆえに、そのチャンスを活かせない
そういうことがありそうです


アートの作品に出会って、この作品は自分の心に響くと
思えることはとても、幸せないいことです
そして、そうした出会いには、繰り返し積み重ねた、いままで
みてきたもの、感じることができたものが背景に
あったりします


人との出会い。誰かと話して、その相手が、生きるその姿を
受け止められるのか
このことも、いかに自分が価値あるなにかを得ようと、努力して
いるかということに、つながり、同じ努力をしてるという
仲間に会うといった、そういうことがあって、刺激をもらえる
ということにもなるのではないでしょうか


会うということの、絶対量を増やすということをしなくては
やっぱりうすっぺらには、なりがちなのですが、まず「意識」を
高めることが、「今」できること、とも、言えないでしょうか


人に会って、自分が前に出て、その人と会うということを
貴重なものとして、とらえよう、そうした姿勢で人に
会うということ。


簡単ではない、とも、言えます
あまり意識しすぎれば、動けなくなりますから
だけど、こんな異常事態、だけど、何かしら、前向きに
生きるためのなにかを、したいですよね

部長の仕事、課長の仕事

部長は、大きな視点をいい
課長は、実際仕事が回るように、指示をする
この両方があって、会社は前に進むといっていいかなと
思います


部長の大きな視点というのは、どうしたら
だせるのでしょうか?
やっぱり、目の前の仕事に、左右されてしまうというのが
多いように思うのは、中小企業に長くいたからでしょうか?


「本来あるべき姿」ということを、いつも意識する
という答えがうかびます。大きな視点、なにか、「変えないこと」
だったり、「大筋で大事なこと」ということを、やる、進める
ということ。


目の前の仕事が進む、この観点、やっぱり大事ということも
あります。今、目の前には、「納期」がある、実際
やりとりしてる、お客様とのことで、回答しなくてはならない
こうしたことを、かかえていて、「大きなこと」といっても
それはちょっと待って、というのが、本音かもしれません


だけど、会社は会社。目の前のことをやればよい、という
ことにはなりません。会社がなぜ、存在して、なぜその
仕事をやるのかということが、しっかり、柱として、通ってるものが
あって、はじめて、意味があります


「みんなを、幸せにする、システムを作る」
これが、原点だと、システマーズは、決めました
はたして、その仕事、みんなを幸せにしますか?


今度、社員のみんなで、SDGsを意識して、なにかを考えてみよう
という、ミニイベントをします。SDGsはとてもいい、とても
大事な考えです。この「いいな」と感じてること、行動していく
ということが、大事です


SDGsなんていうことは、日々の小さなことから、はじめていく
ということがあります。行動が大事です


部長の仕事、課長の仕事
SDGsでいえば、そのなかの、たとえば、「作る責任、使う責任」
を、意識して、過剰包装をしないと決めるのが、部長の仕事でしょうか
その決めたことに沿って、自分が、そのチームがなにができるか
その具体的な行動をどうよくやっていくか、運営するのが
担当で、それを課長が見守るということになりますか


会社、システマーズの若い人がだんだん、増えて、いま20代のメンバーが
おおよそ、半分くらいですね。そうした若い人が、どういう
感覚でいるのか、もっと知りたいと思います


ごく最近、経営者であり、まだ30代、36歳という人と話していて
気が付いたこと。その人、社会人になって、「景気がいい」
というタイミングがないと、言いました
このことの、インパクトがどれだけ大きいか?
あまり、想像していなかったなと、その時、思いました


「あるべき姿を忘れない」ということ。ただ、日々の仕事も
うまく回っていなくてはならないということ。結構相反しそうな
勢いあります。だけど、両方大事です

代行する

「自分がやったほうが早い病」
というのを、聞いたことありますか
後輩を育てるのに、自分がやっていた仕事をやらせてみる
そういうことを、どんどんできる人は、おそらくは人を育てる
ということが、うまくなると思います


ANAの教え方」 P.67 より


ANAでは、副操縦士を機長に育てるときに、「機長とまったく同じ
仕事をさせる=代行させる」方法をとっています。これを
「機長見習い(PUS:Pilot Under Supervision)」といいます
フライト前、天気図を見て飛行計画を立てるところから
フライト後のクルー解散まで、全行程において、副操縦士
機長として振舞います


こうした、ルールとして、見習いをさせるということも
いいと思いますし、ルールでなくても、自分の役割を誰かに
やってもらうということ、これは、とても後輩を育てるのに
有効だということがあります
そして、やってもらうとなると、そのことは、実際自分がやる
ことより、難易度が高いことが、わかります


代行することの、意味は、いろいろあると思います
責任を感じてもらう、自分事で物事を考える、などなど。


できれば、自分から、これをやらせてください、と、言ってきてもらう
これが、一番大事とも言えます


ここで、任せるということと、放任はちがうということが
また、大事なことです
同じ本には、大きな考えは伝えておくということが、任せることと
放任との差だという解説があります


文章で書いてしまうと、なかなか、一部分だけ、となりやすい
のですが、ここ、かなり大事なところです


大きな考えは、だしておく。任せるところを任せる
そうなのですが、伝えてる相手に、大きな考えが伝わらなかったら?
どうなのだ?となります


やっぱり「見通し」ということって、大事だと思います
この人は、こういったとき、必ず理解する、必ずではないにしても
一定の食いつきがある、そうした見通しがあって、はじめて
大きな考えを言って、じゃあやって、となるとも思います


ちょっと困ったことに、「効率化」の名前のもとに、組織で
働く人は、ぎりぎり、いいえいつも「足らない」という状況を
作ってしまっています
そこで、任せるといった、手間がかかり、ときにやり直しとなれば
もちろん、もっと手間であり、ときにはリスクを負うことを
やるのか?という議論があります


確かに、現場のリスクを持ち出すと、慣れない誰かにやらすのは
やめよう。これは、一般的なところかもしれません
だけど、それは、一定の期間、「年単位」でみれば、マイナスな
要素は必ずあるのです


最近思うのは、後輩を育てる、そうした工数を含んで、見積もりを
しなければ、正しいとは言えないのではないか?ということです
つい、これは「理想の話」と切られる、話と見えるかもしれません
いいえ、理想でなく、通常のことにしないと、会社の未来は
暗くなりますね


代行する。大事です
後輩を育てるは、必ず必要なことですから

人が変わるということ

なかなか、「変わらない」「変われない」という
事実を、しっかりみるということが、ありますね


そういうなか、いかに「自分と向き合うか」であり
「誰かの役に立ちたい」という気持ちがあるならそこから
一歩を踏み出すか?ここになるのかなと思うのです


新入社員研修は、わが社でとても大事にしてる、研修です
学生だった人が、技術者として、営業担当として、動き出す
その基礎を、考えるということになります


「教えてみて」「気づく」ということを、大事にしています
自分がなにができるのか、自分との対話をしていきます


自分が変わる、そのまえに「こうなりたい」という気持ちが
あるのか? はたしてそれはどこまで本気なのか?
そういうことが、問われます


NHK 朝ドラの、ちむどんどん。物語は、主人公暢子の結婚
独立、出産と進みます
暢子が、ひとりの男性と出会い、恋をしてるということを
なかなか、認められない状態があって、そこに、母親から
父と母がいかに、結ばれ、お互い生きるという原点からはじまった
その物語に感動するということが、描かれています
この感動が、自分の恋を、自己認知し、その気持ちに素直に
なろうという変化につながります


人間、誰かの気持ちに応えようというとき、自分が変わらなくては
ならない、と思います。だから、恋愛も結婚もそういう意味で
大切だと思います
自分を大切にすること、これが相手を大切にすることにつながる
この単純なことに、若い人は、なかなか素直になれない、って
感じます


新入社員研修。まだ経験がない、ただ、漠然と技術者になりたいと
思ってるくらいの人に、実務を経験してる自分が教えられることは
なんなのか?どれだけ真剣にそのことを、思えるか


このことは、恋愛感情をもった人、その人が好ましいと思うなら
その人の気持ちにこたえられるかどうかということに、似てる
状況ともいえます


俳優というのは、別の人の人生を表現するという、とても意味のある
仕事といっていいと思います。そうだとすると、ある人の感情
その生き方に、自分を重ねて、自分のなかに、他人を受け入れるということが
できることを、求められるのではないでしょうか
別の言い方をすれば、「共感」ですね


他人に共感できる。高いレベルで、共感をもって、仕事をする
このことが、ひとつの到達点として、意識できて、仕事できるか?


自分が変わるということは、共感できるのかということと
深くつながっていると、思うのです