東山魁夷

今朝、空を見上げると、見事なグラデーションが
目に飛び込んできた。特に今日は「青」が美しい
毎日、そしてその瞬間でしか、表現しない、自然の奇跡
といっていい、美しさ。ずっとずっと見ていたくなる


アーティストで、「青」をみせてくれるのは、大好きな
日本画家、東山魁夷です
もう10年以上まえ、東山魁夷の、京都東山に登る月と
円山公園の枝垂れ桜を描いた、絵の風景をみたくて
京都にいったことを、思い出します


東山魁夷は、京洛四季、という、連作を描いています
京都の美しさを、残すという、思いをもって
自然といっていい、京都にある、庭園だったり
植林したであろうと思う、杉林、二条城の石垣
修学院離宮の美、東山を望むところから、民家を
描いた、「歳暮る」を残しています


いずれも、人物は描かれていないのです
歳暮るは、人々の営みがあるであろう、家に明かりが
灯ってる様子は描いています
その、なつかしさ、あたたかさは、どうでしょう


ごく最近、後期の印象派とも呼ばれる、シダネルの絵を
見る機会がありました。ヨーロッパの素敵な屋敷、庭
が、なつかしいといっていい、様子で描かれています
まるで、いままでそこに人が座っていたのだと、思える
その風景に、人物はいない。だけど、人の気配は
少しするという感覚


東山魁夷は、おそらくはシダネルの絵を知っていた
とも、直観したのです
東山魁夷が、学生の時と、壮年になってから、ヨーロッパを
旅したのも、よく知られたところです。そして、ヨーロッパの
街を描いていますが、そこにも、ほとんど、人物はいない
その静かで、でも、どこか温かみのある、風景は
シダネルの世界と、共通部分があると感じます


「人物はいない」と書くと、人物を描くほうが、普通で、描かない
ことが、少数派とも見えるような、書き方となってしまいますが
おそらく、東山魁夷のなかでは、「風景」を描きたいという
思いで、一貫していたのかなと、想像します


「美術の物語」のなかで、ゴンブリッジはフェルメール
日常のどこにでもあるような、人物の生活の一部分を、奇跡の
ように、美しく切り取ったという趣旨のことを、言っています
私が解釈すれば、フェルメールは、人物も、風景のなかの
要素として、表現したといっていいのでしょう


風景のなかの一要素としては、人が生活してる、その足跡といった
明かり、窓の花たち、といったことは、描いてまさに人と
いるという感覚はあっても、人自体は描かない
想像力によって、どんな人がそこにいるのか、頭の中に描く
ということを、望んだといってもいいかもしれません


ドイツ、ローテンブルグの門番小屋にある、ベンチと窓を
切り取った「窓」
大好きな絵です
ここにも、人物はいない。そしてベンチに、この街について
ほっとしたであろう人が、何人座ったのかということを
想像させてくれる


そうした、想像する人をまた、思ってずっと絵を描いていた
東山魁夷のあたたかさがあると、感じてまた気持ちがほわんと
するのでした

よいチームはよい人を作る

以下 「経営品質向上テキスト」  岡本 正耿 井口不二男 から引用


よい人々がよい組織をつくることは間違いありません。しかし実はよい
組織はよい人をつくりもするものです。優れた組織で語り継がれる伝説
は「判断の貯水池」などとも呼ばれます。凡者を勝者に変えてしまうのが
こうした成長志向組織なのでしょう


引用終


仮に、成長志向組織なるものが、存在して、そこに所属することで
凡者が勝者に変わるということが、まさに次々起こるということが
あるとすれば、それはすごいともいえますが、実際成長するチーム
組織というのは、そういうことがあって、存在するとも、イメージ
します


では、どうしたら、成長志向組織なるものに、今の組織が変わっていける
のか?


当社で掲げている、「社員はこの6つの力を持とう」という力が
あります


自己コントロール力 for the teamで動ける力 報告力 継続学習力
目標発見力 意欲喚起力


これらについて、いくつかはネタ本があり、社会人として、基本の
力として、紹介されています。そしてこの6つについて、常に発揮しながら
仕事することができたら、おそらくは、成長志向組織になると
思っています
え?自分で掲げていて、できてないの?と、言われそうです
少なくとも「常に」「全員が」と言われれば、はい、できてない
という答えに近くなります


あるとき、誰かが、という前提でいえば、できてるときがあると
応えられるとも思います


よく言われる(ノウハウ本も含めて)「理想を忘れない」という
態度について、思います。何が理想な状態なのか?共有している
そして、必要な時、ことあるごとに、思い出している
これ、大切な仕事をする態度といっていいのではないでしょうか?


人間は、ミスもするし、ときに、気弱な感覚に陥って、努力を
忘れたりということが、起こると思います。そうなのですが、短期間で
元気をとりもどし、理想に近づいていくぞ、理想といえる、行動を
重ねることで、自分を高めていくぞ、と、リカバリーする
そういうことの、繰り返しこそ大事といっていいのではないでしょうか


スポーツ選手がいたとします。自己との戦い、記録との戦い
どうしても、記録が伸びないといったとき、気弱な自分が顔を
覗かせます・・・


スポーツやっていて、仮にコーチが指導することが、次々できて
やっていけるということは、その人は、おそらくは、オリンピック選手に
育っていくといっていいのではないでしょうか?


コーチが言われることを、なんどもなんども、ダメと言われながら
努力しつづける。何か月も、同じコーチのだめだしを受けながら
そのことで、いやにならずに、努力を続ける。平凡に近い能力のスポーツ選手は
そういうことを、くりかえすのではないでしょうか


いいえ、スポーツに限らず、平凡に近い自分たちは、自ら掲げてる
やるべきこと、仕事するということについては、「学び」を積み重ねながら
自分がどういう状態で、どういういままでの罪か重ねを活かせているか
客観的に測りながら、いまできることの最高を目指すということ
なんじゃないでしょうか?


継続力。ということを、よく思います
一度の挑戦だとか、短期間の成果で、ほんとにすごいことができる
ということは、まれで、繰り返しの努力、繰り返しの気づきのなかから
ひとつひとつ、積み上げていく、やれること、そして、大切な
自分のなかの覚悟といったことを、高めていく
そういうことに、ならないでしょうか? 

発信すること

今年、当社でメルマガをはじめて、9年になります
このメルマガは、知り合った人、会社とゆるくつながっていく
ということが、いいという話があって、はじめています
実際、このメルマガで思い出した、という人、何人かいますね


メルマガという「発信」するなにかというのは、面白いとも
言えます。例えば、当社のことを、知りたい人が読んだら
きっと、楽しんでみれる、ということがありそうです
そういう意味では「売るため」のコンテンツはほとんどない
といっていいのです。趣味だったり、仕事のしかた(売るためは
ないけど、仕事そのものはつながってる)そして、ちょっとした
気づき、まあ、エッセイみたいなものですね


人と人。できれば、そういう状況があるとすれば、ときにつながって
協力しあう、そういうことができれば、いい、と思います
そういいながら、結構「忘れてしまう」ということが多いのですよね
だから、ときどき、思い出してください、ということがほしいところ
そういう意味では、メルマガって、大事ということ、ありそうですね


会社の事業を、レストランに例えるということは、わかりやすいですが
ずいぶん「ぬけ」もあると思うので、気を付けたいところです
それでも、今日は「わかりやすさ」に着目して、書きます


レストランで、おいしくて、その店の様子、がいいとなっていた
とします。そうしたとき「たまに来てもいいな」が多い、評価
のように思います
たまに来てもいいな、が、もっと進んで、必ず定期的に来たい
また、自分が大事と思ってる友人にも、紹介したいとなったら
とても、高い評価だと、言えますよね


さて、会社の仕事の話。この仕事が、はあ、機会があったら、使っても
いいな、に留まるのか?あ、これだけの仕事をしてくれるのなら
基本、ずっとつながっていたい。また知り合いの会社にも紹介したい
となるのか?


大きな分かれ目といっていいでしょう


そうしたことを、どこで、見分けるのか?
ちょっと、私が自分で社長で、そういうのは、どうも面はゆいところ
あるのですが、やっぱりひとつには、社長の考え、社長がどうしていく
ということで、かなりわかるという感じがします


仕事をするってことは、大変ですね
まして、「品質のいい」「使ってもらって、納得の」
というレベルで、仕事するというのは、大変です
そうなのですが、積み上げていって、ノウハウをためて
いい状態を作り上げていく、チームでいい状態にしていく
そういう努力を続けていくというのは、とっても大事です


そうしたとき、とても努力していても、「たまに行ってもいい
くらいのレストラン」に留まってるということ、多いと想像します
そのもっと、上のレベルに、行きたい、と思うことから
やりましょう


また行きたい、頻繁に行きたい、レストランは、おいしくて、お客様への
配慮、等々がいいとなりますね。
私たち、ITの会社で、ぜひずっと使いたいというのは、「信頼できる」
「提案がある」「人を大事にしてる」ということになりましょうか?


なにが、大事なことか、仕事していて、どういうふうにすれば
顧客満足度があがるのか?こういうことは、実際、ブレインストーミング
いれた、話し合いなどで、だしていけば、相当「当たってる」答というのに
行きつけると、思っています
たいへんだし、そこが、勝負というのは、気づけた「大事なこと」を
やりつづける、継続するいろいろ、ということになりそうです

飲み会

飲み会、ほとんど行ったことことがない、という
若い人、と、飲む機会がありました
それは、社会人、1年目から6年目くらいの、20代の人
のグループでした
なかなか、自分のことを、しゃべったりが、うまくいかな
そうな、若い人に水を向けて、なにか自分のことしゃべってみたら
とやります


私自身も確か、まだ20代のころ、言われたこと。「襟を開く」といって
こうした、みんなで、楽しくお酒をいただきましょうといった
ときに、自分のことを、すべて全部とは言わないけど、ある程度
あけっぴろげで、しゃべるって、大事な態度なんだよということ


その自分が20代だった、三十数年前、自分としては言われて
以外だったのです。それは自分のこと、しゃべってるつもりだし
隠したりはしていない、つもりだったのです。いいえ、今
思い出すと、どこかで、緊張し、どこかで、自分を見せてなかった
ええ、誰だって「全部」とはいきません。だけど、もっと話し方
もっと、接し方で、親しみやすく一定のところ、オープンな
態度があっていい


どうやら、飲み会言ったことがない、という彼は、どう話すのが
はたしていいのか、わからないのだと思います
かつての、自分もそうでした


こう書いていて、一方で、お酒の席、「言わなくていいことを
言ってしまった」という失敗をやらかすということがあります
これも、誰しもあるもので、そういう失敗、まあ、後で笑い話に
なるんだったら、笑い話にしてしまえばいいのですけど。


「言わなくていいこと、を、言ってしまう」というのは
お酒という、効果もありますが、その前の、自分自身の気持ちの
様子ということが、あるように思います
どうも、プレッシャーに相対していて、自分の気持ちが
ちょっと大変なときというのは、そういうことが、でやすい
ということも、ありそうです


言わなくていいことを言うのと、似てるのは、言ったほうがいいことを
言わないということも、ありそうです


人生は出会い、と、言います
たまたま、ある気持ちを育てていた、そのときに、運命の誰かに
会うということ。そうしたことが、人生のいろいろに、道筋といっていい
ことに、つながるのだと、思っています


人が生きるということは、なにかに、とらわれている状態を作る
ということに、なろうかと、思います
アートに進んだ人は、美しいものを、表現するということに
とらわれていきる。
ビジネスマンに進んだ人は、顧客にとっても「価値」を生み出す
ということに、こだわって、とらわれる
何かしら、管理的な立場で、仕事するということは、いっしょに
仕事する人が、いかに育つか、どういう仕事のしかたが、あるのかを
考え続け、とらわれていく


人生は出会いです
もしかしたら、お酒を飲むという、ちょっとだけ、楽しく
だけど、やり方で、気を付けたいこともある、そんな場面で
いい出会いがある、そんなふうな、時間があること、って
いいと思うし、自分で作っていきたいと思います

27299

経済の見通しはどうなるのか?
こんな話題を、誰かとするのは、勉強になるので
やったほうがいいと思います。ただ、予想するなんて
やっぱり、難しい


1月25日の日経のマーケット欄には、今後やや、円高にふれる
だろうが、ゆる円高との、記述があります。株価、外国為替
きってもきれない、そのつながりは、ご存じの方のほうが
多いでしょう


マーケットをみていて、最近の動きというか、動きとそれに
伴う、報道で、あれっと思うこと
少なくとも、この3か月ほど?で、ドルー円相場は10円以上
円高に動いている。それなのに、報道として、そんなに
大きなニュースになっていない。まあ、そのまえの円安の
なり方も大きかった。逆にそのときのほうが、大きい報道。
確かに、今は円安のほうが怖いという、認識が背景?かとも
思ったり。だけど、少なくとも、外国為替が、10円以上、
10%近く動いているということなのに、である


マーケットに近い人は、まえより、先物予約など進んで
日々の変動にリスクヘッジできてるのだとか、それぞれ
言い分はあるかもしれないですが、10%は大きいと
思います。だって、10%の利益をあげるって、ものすごい
大変だと思うから。


日本の企業の、もつ、マーケットでいうところの、収益力などは
ニュースで騒がれる、世界中で躍進してるような企業からみれば
低いかもしれないけど、やっぱりそれなりに、一定の高いものも
あるとの、認識があります
そう、だから、株価も上昇してきたといっていい
もっと、「生産性を」という話があります


ひとつには、賃上げの話があって、生産性があがることと、つなげての
賃上げは、いいとなるけど、賃上げするために、価格転嫁していたら
賃上げと、物価高の悪のスパイラルだと、論じてる記事があって
そうだよなとつぶやくのです


生産性をあげて、賃上げする
これは、ぜんぜん、簡単ではなくて、いままでのなにかでは
ダメで、企業自体が、脱皮するように、強い収益力をつけていくという
ことに他ならないと思うのですね


賃上げと、国の指導者が言って、そこに、応えようとする
これがいいことなのかは、別として、従業員の生活の支援と
持ち出されると、経営者として、なにもしないのか?というのは
また、問題視されるのは、そうだろうとも思います
ここで、コミュニケーション、ということが、中小企業なら
中小企業ほど、大事だと思います


当社のポジションとして、賃上げする実力がどこまであるのか
こういう議論が、構成メンバーでしっかりなされてる、そういうことが
本当に大事だと思います


日本の、企業が力強く、成長していく
そういうことができるための、絶対といって、いい、必要条件
「人財育成」です。少子化で、退化していく、社会力といった
ことを、どう、食い止めるのか?
いいえ、食い止めるというより、退化してる部分もあるかも
しれないですが、今の若い世代が持つ、その強さをいかに
引き出して、チームビルドそして、個々の良さにつなげていくか
知恵をしぼるときでしょう

伝わること、伝わらないこと

30年前くらいのあるとき
先代社長となんて、考え方、いいえ「覚悟」ですね
ちがうんだろうと、その違いに、びっくりした自分が
いました


いいえ、覚悟が「社長」とちがう。そのとき、入社して1年も
たっていない、社会人経験、たかだか5年とかいった、自分と
社長を、18年とかしている人と、違うのはあたりまえといえば
そうなのです
ですが、知り合って、10年以上。この方のいろいろは自分は
理解しているなんて、どこかで思っていた自分。おおもとといっていい
「覚悟」のところで、こんなに、違うのかと思いました


人は、立場でものを、考える
自分はどんな立場なんだろう。そのときの自分としては
営業する、というのははっきりしていました。だけど
営業するということは、会社が利益をだすということに
しっかりならなければ、もちろんですが、会社自体が、回らなくなる
ということなんですね。


顧客、足りない。扱う商品もはっきりしない・・・
どうしたらいい? そんなことをぐるぐる考えていました


どうやって、そこから、ぬけだしたのか?
ひとつには、前職の上司がヒントをくれました
自分の名前を、自分に断らなくていいから、グループの
会社で言っていいよ


これって、なかなか、言えることではないですね
今思い出しても、こんなありがたいことはない・・・


さて、覚悟を含めて、いかに、人に伝えるのか?
営業をやるということは、相手にニーズがあるとして
自分の会社を「背負う」という覚悟がないと、続かないと
思っています
背負う、まずそのまえに、「惚れ込む」かな


今、当社は、IT業界の一角において、自分たちがいいと思う
仕事をしていると、自画自賛します。少なくとも「今」という
断面で切ったとき、自分と自分の所属するチームでベストの仕事
をしているのです


そういう、チームといっしょに、あなたも、仕事しませんか?


IT業界というのは、実際のところ、人間くさい、結構泥臭い
仕事なんです。それは、一つには、人海戦術でものごとを
進めてるからです


他業界の人は「え?」人海戦術?って思うかもしれません
ええ、そうです。だから、大変ともいえるし、だから
チーム作り、人作りが、大事だともいえると思っています


さて、この仕事、私たちシステマーズの良さをいかに伝えるか
以下に、いいチームで、自分を信じて、営業できるのか?
こうした、問いに、いつも思うこと。まずは見ること、聞くこと
その実態を、見てほしい。話を聞いてほしい
それからです

自分のやりたいこと

インターンシップをやってみて、参加する人が
インターンシップのコンテンツを企画した、意図にのっかってくれて
そこそこ、楽しく時間を過ごしたのだなと、思うと、
企画した、自分としては、いいなと自画自賛するのです


なにか、「他人」に行動してもらうには、どうするか
可能なら、本当にその相手が、気持ちを動かすだけの
なにかしら?
「感動」だったり、「心が動く」といったなにかがある
ということが、大事です
インターンシップで、「あ、なるほど」「いいな」をもらえた
として、感動?というと、ちがうかもしれません


インターンシップに参加してくれた、学生のかたと話していて
感じたこと。「自分がやりたいと思ったことを、活かす仕事がしたい」
とのこと。就職活動をしていて、その思いを強くしてるということ
そのことを、聞いて、私が言ったアドバイスは、「自分をまるごと
ぶつけられる相手」とじっくり時間を過ごすということ


自分をまるごと、ぶつけられる人。こういう存在があってこそ
自分自身のことが、理解できる。そう思うのは、私だけでは
ないでしょう。ですが、自分をまるごと、ぶつけるというのは
簡単ではありません


お互いの信頼関係、お互い尊敬するなにかをもってること
さらには、未来志向といったらいいか、これから、なにかを
よくしていこうという、ことで一致してること、などが
頭に浮かびます


自分をまるごと、ぶつけられる。そうするためには、一定のところ
自分がいい状態のことを、想像します。自分がへこんでいたりすると
へこんでいる、自分を意識してしまって、そのまま、の自分を
だせなくなるように思います


会社が発展するということは、そのなかで、いいチームを作って
そのチームがいい働きをするということと、一定のところ
同じ意味といっていいと思っています
いいチームができて、いい働きをする。ずいぶん、おおざっぱな
言い方です


まずいいチームが↑にも書いているように、自分のことを、相手に
しっかり伝えたれるということが、前提になると思っています
日本人はここがうまかった、といっていい。最近の日本人は
どうだろうか?と、ちょっと心配です


どうも、私自身10代だった、昭和の終わりくらいまでは、まだ
核家族化、少子化の問題は、あったとしても、そんなに表面化
していなかったようにも、思います
いまは、どうも「人とコミュニケーションする」このこと自体
苦手、という人の割合がふえてるように、思います


今日この文章を書いていて、自分が社内の人を元気にするために
「コミュニケーション」の研修なりをやって、ちょこっとそうした
今の若い人に役立つような研修だったり、社内のいくつかのことを
導いたことを、思います
それが、一応ワークしてるということは、なぜか?そのことは
実際参加する、今の20代30代の社員のみんなが、「必要性」を
認めてるということを、感じます


必要なのは、認めてる、じゃあ行動は?
ここがなかなか、ということも、あります
研修でこれはいいという感覚があったとして、日常にもどって
そのことを、習慣化もふくめて、行動できるか?
大事なポイントなのですが、簡単ではありません


自分のやりたいことを、やる。大事な視点です
ずっと、大事にしてほしいと思います
そして、振り返りなり、「できているか」とやったときに
自分の原点がどこなのか、見失わないような、工夫が要りますね