学びに思う

ごく最近あった、会議において
技術者のあるべき姿とは、という話題になり
私がだした、意見は、「学びに貪欲なこと」
ということでした


さて、学びとはなにか?
実は、まだ、私もその姿は、自ら追いかけている
といっていいと思っています
だけど、学びの姿のいくつかは、見えてるとも
思います


学びに、ほしいもの。双方向、柔軟な考え、オープン、かつ自主的な
姿勢でしょう
逆を考えると、フーンと思うと、推察します
一方的、固定した考え、強制があって、閉ざされてると
いったことは、誰も、やりたくないとも思います


ただ、こういったほしいもの、すべてがあるから
学びがある、学びがよくできるというと
そうでないとも、見えたりするのが、不思議で
人間の複雑なところかもしれません


例えていうとしたら、「自由」ということに
似てるかもしれません
なにも、束縛されたりしない、自由の状態に
人がおかれると、実は自由さ、というのを
感じられず、自由を奪われて、とりもどしたいと
自由の大切さ、ほしいと思う、そういうときこそ
実は自由なのだ、と、そういうことを、思い出します


実際、双方向って、大事と、私はこだわります
システム開発で大事なポイント、テストの意味を
よく理解してる人が、伝えるとします
実際のところ、その知識のエッセンス、をよく理解してる
ことって、ものすごく大事なわけですが、それと同時に
どう伝えるかに、いかに心を使うかということが
同じくらい大事に思えてきます


学びがあること。学んでほしい対象者に、学びとして
どうなのか?そこでも双方向だと思っています


双方向のこと。基本は同じ視点にたっているか
ということです
相手が、どんな姿勢、どんな状態なのかを受け取って
それに添う、気持ちのところが大事と思います
そうしたことがあって、双方向の心の通い合い
ということがあるから、学びが光ってくると
感じるのです


さて、どうも伝えようというほうの、視点が
自分の立場上多くもなっているようです
伝わる、キャッチする対象者の姿勢ということ
どうしたら、キャッチできるか、そうした感性を
磨けるか?このことも、発信したいところには
なります


この感性と呼びましたが、受け取ることがとても
大事というのは、もちろんです
そして、その感性を磨くのは、基本中の基本の
「見ること」「聞くこと」をていねいにやると
なると感じます


パソコン、ゲーム、あたりまえ。そうしたビジュアルな
なにかをずっと受け取り続けた、人。デジタルネイティブとも
言うそうですが、そういう人には、ぜひ、人からいろんなものを
受け取るということに、うまくなろうという、意識を
もってほしいと思います


人が発信するものを、受け取るということは
ゲームやサイトからでてくるものとは、異質です
ですが、ナマの面白さがある。まさに生きてる人の
その生きざま、生き方を学ぶ、楽しさがあることを
学んでほしいですね


いろんな意味で、学びが大事
当社にいる人、いいえ、それもはずして
仲間と呼びたいあなた、学び、をいっしょに
やっていきませんか?

他己紹介

いまから15年ほどは、前の話です
あるセミナーで知り合った人の、主催する1泊2日の
研修会に参加したことがありました
その、導入、最初のプログラムが他己紹介でした


仕事における、売上等の悩み、人間関係の悩み
さらにプライベートで、うまくいってること、そうとも
言えないこと、とかだったと思います
参加者は、私以外は全員他社、年齢もばらばた
といった感じでした
そして、他己紹介、当然話すまえに、事前に自分のことを
話してもらう人に準備として、自分のことを話しておく
わけですが、短い時間だったのに、かなり適格に
自分のことを、話してくれて、びっくりしたのを
覚えています


自分のことって、実はよくわからないのが、人間ですね
性格の話。たとえば、外交的なのかそうでないか
その程度は?
自分は外交的とは思っていますが、それは、社長という
立場を思って、自分で自分にはげましながらやってる
ところがあります
おそらく、ちょっとした知り合いだったら、私のことを
明るい、どんどん人と話す人ととらえるかも
しれないです。ですが、ぐっと深くつきあってる
週に何度も会うなんて人は、そうでない私を
みてるかもしれません


他己紹介
とてもいい、自分であり、相手のことを、理解する
きっかけになる、ことだと思いました
そういえば、冒頭に書いた、研修でお互い紹介を
しあったわけですが、実は私が組んだ相手が
そうした、洞察といったことにとても長けていたとも
言えそうです


仕事をしていくというとき
非常に基本的なことなのですが、計画どおりには
いかないものですね
たとえば、いまの世の中の感染症など、最たるものですが
世の中自体の、アクシデントで、いままでの常識が
非常識になるなんてことがあります
そこまで、大きな、ショックでなくても、複数で
仕事するとすれば、その参加してる人の体調
また、アクシデントにみまわれての、離脱ということも
ありえるでしょうし、たてた計画自体の不備
といったことも、当然ありえるでしょう


そういうなか、アクシデントがあっても
いいえそうした、計画がずれる、狂うというなかでこそ
信頼関係があることで、乗り越えていく
そうしたことが、仕事では大事です
となると、相手の理解、お互いの事情を知る
そして、長所、短所をうまく、使いながら
いろんな、大変なこと、細かいことも乗り越えていく
そうしたことが、チームビルドでは、必ず
必要です


だから、相手の理解のいいきっかけって、大事ですね

プライド

「りんごは赤じゃない」 山本美芽
という本があり、当社の新人研修のネタに使ったことが
あります


この本で、「見ること」をいいます
自分の目で、みて感じたことを、言ってみる
絵に描いてみる
それだけのこと、かもしれないですが、「思い込み」
「表現していいかわからない」とか学校教育で
いかに、自分で感じたことを大切にするということが
疎かにされてるか、ということを、感じる本です


副題に「正しいプライドの育て方」ということがでていて
「プライド」ということを、思います


若い社員と話していて、いいプライド、誇りですね
持ってない、持ててないと、感じるときが
あります
技術者、という職業、いいえどんな職業でも
「誇り」があるということが大事なことに
なると、感じます
肝心な誇りが持てない


どうしたら、プライドがもてるようになるか?
ひとつには、恋愛をしてみたら、とも、思うのです
好きな人ができて、自分を好きになってほしいと
望む。そうしたことがあって、さらに自分をみつめて
自分らしさとはなにか、など、思ってみるということが
大事のように、思います


寄り道もできない
そういう、ことが、いまの子供たちの環境だなと
思うと、「恋をしてみたら」というのは
ずいぶん、本人たちにしたら、理不尽な
ものいいなのかもしれないですね


どうも、大人たちは、自分たちで決めた
やってることを、棚にあげて、あれ、いまの若い世代って
大事な経験をしていないね、なんていってしまう
傾向があるようです


話が横道にはいってしまいました
いま、若い世代の人に相対して、なにか
自分が好きになり、自分で自分を高めることが
素晴らしいと気づくような、そんな場面を想像して
そういうことを、意識して作っていくことが
したいと、感じます


「若い人が育つ」そういうためには
あるステージを用意して、そのうえで、思い切り
活躍してもらうこと。そういうことが、数年前
電車のなかで、近くの人の話として、降りてきました
まさに、天からの声のように感じました


その第一歩が、「気づく」ということと
思います
話をして、話し合いのなかから気づく
そういうことを、望むのであれば、ひとつ大事な
前提として、自分と相手、この距離感であり
視線といったことが、いいバランスになることですね
つまりは、上から目線、だったり、離れたところから
高みの見物って、いやなんですね


似てる状況、確かに年齢もちがうから
経験はこっちが豊富ということは、否定しようがない
のですが、やっぱり同時代に生きてる、自分。
そこは悩みもすれば、迷いもする
そうした、一定のところ、「おんなじじゃん」といった
ところで、話したいところ、と、まず思います


こうした、安心して、いっしょに話せるな
話してみたいなといった、関係の、ひとつの到達点を
ラポールな状態といったりするのです


さて、気づいてもらうこと
やっぱりここが大事
気づくことができれば、うまく、やってみようかなに
つながることは、そんなに難しくはないのでは
ないでしょうか?

辛口の言葉

先週、社内の会議において、自分の話す時間で
少し、「辛口の」言葉を並べてみました
いかに、自分に厳しくするか?
言い換えれば、いかに、普段、自分に甘くしてしまっているか
そのことを、反省することが大事という話です


そのあと、新年会(オンライン)があり、そのなかでの
反応といったことを、みてると、以外に、話が
響いてるように思えて、ふーんと思いました


響いてる。これは狙ってることです
つまりせっかく、自分が発言するのなら、社員に
なにかしら、伝えたいとして、やってるのですね
だから、響くのはうれしい
だけど、特に辛口の言葉が、響いてるというのは
ちょっと、あれ、そうなんだという気持ちになります


というのは、「辛口」のことを言えば、なかなか
届かないのではないか?という思い込みが自分に
あったということです。


そして、想像するに、届けようとした社員について
どのくらいの割合か?ということはあるのですが
一定のところ、そうなんです、自分に甘いこと、これは
問題だ、と、自分自身のなかで戦ってる様子というのも
でてきます


別の機会に、やはり、社内で話していた時
人間が育つというとき、「母性」「父性」両方必要
なのですが、どうも、母性、甘くする、安心させる
ということの実践はしてるとも見えるのですが
父性、厳しくする、世の中の厳しさを伝えて
いまの、「甘さ」のままであれば、生き抜いていく
というときに、うまくいかないことを伝えていく
そして、厳しさを習慣づける大切さを伝える
そういうことが、ない、極めて少ないと、言いました


そう、父性の部分を伝える
これ、いまこの文章を書きながら、どうする??とも
なるんですね


河合隼雄先生の著書のなかでの例では、「甘っちょろいことを
言ったら、はねつける」とでてきます
ときにはそういうことが、必要だと。


前に、なにか、課題をだしてみると、期限を守れない
競合する、他社とのあいだで、遅れをとった
そういうとき、そうだからといって、すぐその対象の
社員に対して、ペナルティといったことは行わない
のですが、何度目かのときだったか?
「なにかに失敗する」「やり忘れる」そういうことは
人間だから、あってもしかたがないともいえる
ただ、絶対忘れてはならないのは、そうした自分に、
競合他社に、負け続けるということは、なにが起こるのか
ということですね。本当に負け続ければ、会社はなくなる
倒産するということだね。


会社を経営していて、責任者としてこわいのは
そうした、やるべきことをやらずに、会社が後退して
いくということですね


なにが、「やるべきこと」なのかというのは
広くて、自分で決めなくてはならないですね


新年を迎えて、辛口の言葉を投げかけてみました
それは、もちろん、自分への戒めも含めてです


自分に厳しくして、成果をだしていく
そういうこと、増やす年にしたいな

 

自信をもって

4年前だったと、思います
「人に伝えることがうまくなる」この1点に特化した
研修を、私が企画、実施しました
大変、自画自賛になって、恐縮ですが、その出来栄えは
私自身が驚くほど、効果があったと思い出すのです


ひとつの研修内容を披露しますと、大きめの紙(B4)に
キーワードを書いて、それを自分でもって
ミニスピーチをやるという方法です
これ、実際やってみると、わかるのですが
ただ、口だけで、言うスピーチより、特に
数人、十数人といったなかでやる、ということであれば
なおさら、「伝わる」のです


私にやり方を言われて、はじめてやってみたという
当社の若手の社員。自分の言ってることが
相手が受け止めてくれるのを、感じて、なお
スピーチしてる自分に自信がでて、それが、堂々とした
ものいいにつながる。そういういいほうの、循環に
はいれたのです


人間は、「できるな」と、自分自身で思えると
一歩ふみだすのが、容易になるし、実際できていく
ということにつながるのだと、そのときも感じました


ここから、人に指示して、なにかやってもらう
というときに、心がけたいこと、の、大事なことが
見えてきます
それは、自分はやれる、そういうその気になってもらう
ということなんですね


技術者になろうと、入社してきた、社員の人に
ときどき、スポーツの話を、例にだして
説明をします


このところ、こだわってる、「意欲喚起力」ということ
スポーツ、試合があったとして、A選手は、試合に勝って
たとえば、テニスのバックハンドのトップスピンが
うまく決まって、それが効果的で、試合に勝ったとしたら
さらにそこを、磨こうとする
試合に負けたとして、自分のフットワークが足りなくて
攻め込まれた、としたら、フットワークを改善していこうと
また、練習する


そのように、A選手は、日々のなにかから、学び、自分の
糧とする。こうしたことを、意識して、自分で自分に
やっていけること。これが意欲喚起力を持ってると
いっていいです


スポーツの世界でも、実際、努力をしつづけて
自分を高め続ける。そういう選手が本当にすごいのだと
思います
そういう意味でいえば、たとえば、イチローは「努力する
ことにおいて、天才」なのだといえるのでは
ないでしょうか?


スピーチをする。この1点。工夫することで
その人にしたら、貴重な体験をするということが
できる。
そのことを、応用して、プレゼンしかり、資料作りしかり
そうとなれば、システム作りだって、「できそうなこと」
と、なりますね

言葉は不完全です

ときどき、仕事していて、あ、言ったはずのことが
伝わっていない、ということが、起こりますね


この数か月のことです
銀行担当者とのやりとりがありました
融資した、お金がそのまま定期預金になるのは
銀行のルール上、うまくないのですよ
そういう話でした


「そのまま」ということのとらえかた。ここが
ずれていたのです。一度、一部でもお金が動いて
2か月なり時間がたてばいいんだろうというのが
私が受け取った、そのときの、合意したと思った
話の内容。一方、先方の銀行担当者は、一部にしても
融資したお金がそのまま、定期になるのは
できないので、やめてほしいと伝えたつもりだったと
いうのですね


いずれにせよ、古めかしい、たぶん意味がほとんどない
ルールなのだと思うのですが、ユーザである私たちに
したら、ばかげて見える、そういう話でした


今日ここで書きたいのは、銀行の古いルールが
だめなんて話ではなく、言葉で伝えるのはずれやすい
という話です


カレーを作ってくれますか
この一言を、どう受け取りますか
Aさん:(お願いした側)野菜、肉、ご飯といった
材料の買い物からお願いをする。すべてない。(あ、
鍋くらいはあるかな)


Bさん (お願いされた側)材料はすべて、ルーまで
含めてそろっていて、野菜をきざみ、肉をいれて
ルーをいれてにこめばいいね


こんなふうに、一言では大きく、やることの内容が
変わります


こうしたことは、仕事でも、よくおこるのでは
ないでしょうか
こちらとしては、テストするって、ここからここまで。
システム開発のテストでいえば、テスト仕様書を作る
(そのまえに、そのもとねたの詳細設計書はあるとして)
ところが、「テストファースト」なんて考えもあったりして
そうなると、まるでやることが変わってしまいますね


いま、計画する、その計画の作り方、運用の仕方
という本を読んでいます
実際、それなりに複雑なプロジェクトをうまくやる
となったら、そのプロセスを見える化して、いつも
そのプロセスでいいのか、検証を続けるって、とっても
大事なやることになるのだ、と、理解が進みます


実際のところ、「そのやることの、分け方」これが
大事と、いま、学んでるのです

社員の健康

自分で自分の体調をよくするんだよ


働く人のサポートをする、そういう仕事がしたい


一番上に書いたのは、所属してる、東京情報産業健康保険組合
メンタルヘルスセンターの山崎先生が、社員に言った言葉です
言われた社員は、なるほど、と、響いていました


ふたつめに書いたのは、主には、健康診断の結果から
あなたはこんなふうな、生活上の気を付けることであり
工夫をするといい、といったアドバイスをいただける
OHサポートの服巻さんという当社の担当の方が言った言葉です


どちらも、私にはとても、印象的であり、大事だなと思える
そういう言葉になりました


実際、山崎先生とは、この7年くらい、お世話にもなるし
先生からも、センターからも近いし、なにかと相談に乗るよと
おっしゃっていただき、結構近しいと感じるおつきあいを
させていただいています


また、OHサポート、服巻さんは、この言葉を聞いたとき
とても、気持ちがぐぐっと、ひかれたというか
いいなと思ったのです


少し話はとびますが。
たとえば、なにか買い物をするとき。その売ってる人が
自分もその商品が好きで、愛用していますとか
そうでなくても、売る対象の商品を、とても大事、いいものとして
信じ、心からこちらに、いいと思って、勧めてくれるとき
安心もするし、買いたくなるということがあると思います


なにもこれは、「売る」ということに限りませんね
自分自身の仕事に、誇りをもち、心からこれがいい、これが
ベストですよと、そういう仕事ぶりをされると、すがすがしいし
自分もそういう仕事がしたいという気持ちになります


この服巻さんは、心から、働いてる人のサポートをする
そうしたい。自分の言ってみれば「天職」として
そうなのだと、思ってるようです


これは、私自身が、人材育成を自分のとても大事な
仕事として、そのことにプラスになるなら、万難を排して
近づきたい、という気持ちを、一番に持とうという気持ちに
「響きあう」態度だと、うれしくなります


当社で取り組んでいる、「食育」の話をしてみました
写真なのですが、ちょっとした、社員のいい表情を見逃さず
服巻さんはみて、こんないい表情をする、そういう活動って
ほんとにいいと思いますと、ほめてくださいました


自分自身のこと、であり、自社のことというのは
実は他人だったり、他社からみたら、ああ素晴らしいな
ということでも、なんどもみたり、実際企画から考えたり
していると、その成果はある程度、認めつつも
他人からみて、「素晴らしい」という感覚が
新鮮だったりするものです


当社は、いま25人の社員数です
正直、人数が少ないから、と、引っ込み思案になる必要は
まったくないと思っています
一方、他社と、メリットを出しあえるような、おつきあい
ときには、もちろん契約して、お金をはらってのおつきあいも
含めてです。他社といい関係があり、おつきあいのある
他社とのやりとりのメリットが、また当社のよさに
つながる。そういうことを、どんどん、したいですね