人とつながる、やり方

absence makes the heart grow fonder
この言葉に出会ったのは、30年まえくらいでしょうか


小川糸の小説
ツバキ屋文具店のシリーズで、主人公の鳩子と、育ての親である祖母が


原田ひ香の小説
母親からの小包はなんでこんなにダサイのか から
離れて暮らしてみてわかる、母親の気持ち


こうした小説を読むと
absence makes the heart grow fonder
これは、ある種古典性をもったというか
家族が家族になるための、あったほうがいいこととも
いえて・・・
実際、リアルに大切な人と別れて、その存在を知る
というのは、ぜひ経験してほしい、大事なことだとも
思えてくるのです


小川糸は、去年のちょうど今頃、NHKの「趣味どき」
という番組で、キッチンを紹介してるシリーズのなかで
知りました
キッチンを知るというのは、その人のあれこれを知るということに
つながっていきますね
たとえば、仕事でつながってる人を小川糸は、自宅に招いて
そこで、打ち解けていくといった内容を放送していました


「効率化」という、なにか、世の中、効率的に動くのが
「一番いい」みたいな風潮が行き過ぎてるように
思えるこの頃。
自宅のキッチンで、作ったものを食べながら
いっしょに時間を過ごすということは、ずいぶん「特別な」
ことといっていいことに、なりつつあるように思います


私自身にしたら、自宅で友人となにかするというのを
しないなんてことは、もったいない、と思っています
親しくなるには、とってもいい、大事なやり方といっていいです
もっとも、だれでも、いつでも、というわけにはいかない
いろいろもありますね


原田ひ香の「母親の・・・」では
母親が再婚して、その再婚相手側の人と打ち解けられない
主人公が、小包をきっかけに、やっと話ができて
人とつながるということを知っていくという、ストーリィが
心を打ちました


離婚、再婚
こうした、現代ではそこらじゅうでみかけるようになった
といっていい、家族のいろいろ
当人は、当然事情あってのことでしょうけど
子どもがいたら、やっぱり普通にしているというのはしんどい
のでしょう


今、家族ということが、とても大事だといいながら
うまく機能しない、家族自体の存在が危ういといっていい
そんな世の中だと、いえそうです
人とつながるって、大事
だけど、そのつながり方といったことを、家族を通して知る
ということが、うすくなってる、さて、どうしたらいいか
これから、たぐりよせ、生き方としてさがしていくことが、求められますね

棟方志功

ちょっと、知り合いになった人に、棟方志功が好きですと
手紙に書きました。たまたまその知り合いになった人の縁の
ある場所に、棟方志功の作品があったことで、話題に
だしました


このブログに、ちょうど旅先で棟方志功に出会ったことを
何度か書いています
「神のみが知る」という、解説を旅先でみつけました
棟方志功は、自分の作品に責任がもてないと言ったと
その解説にあります。それは「無責任」ということでなく
人間のレベルでは責任が持てない、神のみがわかる世界だと
解説は続きます


確かに、近眼の棟方志功がすごい速さで、板を彫ります
不思議に見えます
このことを、自分なりの表現で、手紙のなかに書いてみました
棟方志功が神のレベルで、作品を作ってること。このことを
受け止めるヒントとして、スポーツ選手が「ゾーンにはいる」
というときがある、と、聞いたことがあるのを、例にだしました


普段の力よりぐーんと、力を発揮できてしまう、ゾーンにはいった状態
火事場のバカ力といってもいいこと。これを、棟方志功
意識して、作品を作るときに、できていたのではないか
トランス状態といっていい、ところまで、自分を高めて、作品を
作っていたのではないか?


人間の可能性、人間のすごさって、ちょっとだけ考えたくらいでは
わからない、ものってあるように思います


アートの作品を見に行った時に、作品、絵なら絵のディテールのよさ
といったことを楽しめるときもありますが、どちらかといえば
その作品を生むに至った、その作家の生き方といったことに
興味がいく、自分がいます


できれば、アートに向き合って、生きたその生き方に近づくような
なにかがしたいと、思ったりします


棟方志功のゾーンにはいる、ということがほんとにそうなら
一瞬でいい、そうした状態を自分で作るって、すごくしてみたいと
思ったりします


まずは心のやわらかさ、ということを、思います
受け止められる、心の状態をキープしたいのですね


アートに親しむようになって、作品が作家の生き方といったことを
ひきよせ、また作家にあこがれた、別の作家に、興味がもてる
ようになること、なかなか楽しいことです


実際、作家の人は、棟方志功がそうしたと同じとは言いませんが
なにかしらで、自分が集中して作品に向かうということを
してる、とも、言えそうと、この文章を書きながら、感じます
たとえば、風景をスケッチするという一番、基本みたいな行動に
しても、そうじゃないでしょうか
まえに、スケッチというのは、目と手の最高のパフォーマンスだと
いうような、記述を読んだ記憶があります
そう、スケッチでのひとつの線を描いてるその瞬間って
大事な瞬間とも言えそうです


一本の線。その線を引いた自分の集中度
それが愛おしいみたいな、こと、ちょっとだけ知る機会があって
よかった。そうした気持ちを、持っていたいなと
思います

梅の香り

梅が咲きます
梅の花の香りは、気持ちをあげてくれるように
思います。横浜では、梅の名所、三渓園があります


三渓園の園内には、水の流れに沿って、遊歩道があって
その遊歩道に梅が咲きます
三渓は、私有地に関わらず、市民にこの庭園を
開放していたといいます
こうした、豪商と呼ばれる人が、庭園だったり、持っていた
絵画を、市民にも見てもらうという、発想をもった
というのは、本当に高い心といっていい、すばらしさでしょう


三渓の住まいがあったという、ほどちかくには
臨春閣、聴秋閣といった、まさに季節を愛でる名前の
ついた、建物が配置されここにも、水の流れがあって
茶を楽しんだということが、わかります


横浜は、幕末に港が開かれて、発展した街です
そういう意味では、城下町ではないので、お城もないし
お殿様のなにかしらから、残ってるといった産業だとかは
ないんですね
幕末に、港が開かれた、港があれば、仕事があるだろう
ということで人が集まった、街でしょう
横浜に生まれ育った自分としては、旅行して、城下町に
行ってそこの、なにかいい景色だとか、おいしいものに
ふれたりすると、あこがれがあったりします
具体的には、金沢の街、松江の街などは典型といっていい
ですね。建築、庭園、お菓子はじめ、おいしいもの
お殿様のやった足跡が残っているといっていいです


そうういうなかでも、庭園というのが、横浜にはほとんど
「古い」という意味ではない。ひとつだけあげられるとしたら
三渓園なんですね。そういう意味でも原三渓さんのすごさが
際立ちます


ここ、2年ほどでとても気になるようになった、日本画家、小林古径
三渓の支援があったということで、横浜に住んでいたことが
あるということを知り、また原三渓の存在がいいなと思ったことが
あります


アートを愛でる
そして、自分がいいと思ってるだけでなく、広く市民にも知ってもらう
そうした、心の高さがあって、経営者でいる。すごいですね


好きになった小説、夏川草介 「始まりの木」で、作者は
民俗学者柳田国男は、なぜ日本の農民がこんなに貧しいのか
その点を変えたい、そういう思いで、民俗学者になったという
説明をしています


学者、というか生き方を選んだと、拡大解釈するとすれば
それくらい、壮大な思いをもって、生きるということが
ひとつの生き方の、王道といっていいのかなと、その説明を読んで
思いました


ずっと住んでる横浜にも、あこがれる、お手本といっていい
三渓という、存在がある
生き方ということで、ほんの少しでも、マネできたらいいな
そんなふうに思います

研修のマネジメント

人が集まって、チームとしての力をだす
ということ。これができるかどうかということに
ついて、大きな関心があり、かつ、このチームを
作っていくということに、取り組むことがとっても
大事だと、認識しています


前提に、ひとりひとりが、チーム作っていくための
いろんなこと。基本の基本は、「見る」「聞く」「書く」
ということになると思います
ここらが、ずいぶん下手になってるぞ、ということが
ありそうです


見る:観察する。相手がどんな状態なのか、人を
見るということ。仕事をどんなふうにしてるか、見る


聞く:無条件に相手の話すことに関心をもって
かつ、全身で聞く


書く:伝えること。いまはメール、チャットとコミュニケーションの
ツールはふえています。このブログもそうですが、デジタルの
文字で伝えるというのは、結構難しい場合も多いですね


研修で、使う手法に「ワーク・ショップ」ということが
あります。このワークショップも多岐にわたります
そんななかで、結構共通といっていいかな、というところが
ワーク:考える、であり、調べるとか、アウトプットするまえに
する、いくつかのこと、
ショップ:専門店の店員と客になって、欲しいものを探す
このやり方です


例えば、研修の目的を、数名、4人くらいがいいでしょう
このメンバーのチームビルディングだとしましょう
ワーク:チームビルディングするための、やり方を考える
ショップ:話し合い、であり、お互いなにかしらのアウトプットを
だして、やりとりしながらさらに考えを深める。そしてそんななかで
気づきがあって、気づきからまた相手の体験を聞けたりする
さらには、その体験を聞くという、追体験を自分もする


ある、理想のあれこれを考えると、今書いた「追体験」といった
ことを、日常にもどって、なにかしらのときに、「活かす」
のですね
ある相似形といっていい、なにかにであったときに、研修で
追体験したことを参考に考えることができたら、とっても
素晴らしいです


ここ一か月ほどのことです
まだ経験が浅い、2年目の社員の人と話していて、まわりの
アシストなしで、仕事するときに、ミスがでてしまう
という話になりました
だいぶ、前の研修ですが、ちょうど、参加したメンバーが
今話してる人と経験的に近いときに、出た話を思い出しました
たとえば、ベテランと見える人もミスはするんだと
気が付いたというのですね
ミスはするのですが、リカバリがいい、すぐ気づくし
状況をすぐまわりに伝える、リカバリにすぐ動く
こういうことができれば、ミスしないときより、自分だったり
まわりも、目の前の仕事への理解だとか、留意点が見えたりして
いいこともあるのだと。


姿勢が素晴らしいメンバーが集まって、なにかしら、仕事の
やり方ということもいいでしょう、報連相のこつみたいなことも
いいでしょう、そうしたことを、研修したりすると
素晴らしい気づきがでてきます。そして、姿勢が素晴らしいと
言いましたが、そのなかに、その姿勢としてはそこまでではない
と見える人がいたとしても、その流れで、いい姿勢を持った人の
感覚に近い、行動をすることになるでしょう


なにかしらの「知恵」といったことが伝わるって、素晴らしいと
思っています。そういう瞬間、空間を共有するということが
研修のいいところだと言ってもいいかもしれません

パーティメニュー

パーティ好きですね
人が集まって、仲良くなる様子をみたりするって
ほんとに楽しいです


そして、その仲介役は、おいしいご飯でしょう
パーティメニューでふたつの要素を忘れては
ならないのなかと、考えます


ひとつめ:おいしさ できれば「気取った」みたいな
おいしさより、「心あったまる」みたいな方向が好きです


ふたつめ:食べやすさ、ですね。フィンガーフードなんて
言い方もあります。ぱっとつまんでぱくっと食べられるのが
いいです。あっと、パーティの中身によっては、そうです
というのは、ちょっと食べにくくても食べたいものが
共通だったりしたら・・・これは別に書きましょう


このふたつ、が、そろえば、OKなんですね
そういう意味では、普段食べるお惣菜というのは
強い味方じゃないか
そう気づきます


今回用意しようというメニュー


ぱっと出す、前菜


だいこんのゆず漬け サトイモの煮つけ
白菜おかか炒め

メイン

鶏のからあげ コロッケ

スープ

豚汁

ご飯系

おかか、鮭、高菜のおにぎり


と、決めました(まだ変更はあるかもしれません)


実際、最初思いついたのは、ピザでした
それは、やっぱりかなりの割合で、ピザが好き
また、嫌いという人はまあ、ほぼいないという認識
なのと、ピザという、みんなでシェアする食べ方が
いいのだという、感覚でした


ですが、今回メインは、とりから、コロッケに
したのです
その理由は、「心あったまる」おいしさ、みたいな
そして、お惣菜に近いということでいこうという、考え
です


パーティは楽しいです
わくわくしますよ


おいしいね、といいながら、なんでもいい、話が
もりあがるといいね、と思っています
今回、フレッシュマン、つまり新入社員を囲みますから
きっとそれだけでも、面白い時間になるだろうと
想像しています

人と話をするとか、いっしょにいて・・・
というとき、それなりに人が集まってみたいなことが
苦手・・・ということをときどき聞きます
だいじょうぶですよ。ここにいろいろ、話が盛り上がると
いいなと書いていますね


もちろん、あなたが話し手、になるのは歓迎ですが
聞き手になるというのも、大事なことで、実際なにか話したい人は
聞き手がいて、盛り上がると言うことがありますよ
だから、そんなにうまく話せないかななんて、心配しちゃう人は
まず、いい聞き手になるって思えば、うまくパーティは
進行すると思います


たとえば、趣味の話、私はついていけないかもしれないけど
ゲームの話とか、アニメでも、もちろん、音楽、スポーツ
アートとかなんでも、話題はok
自分がどんなふうに楽しむか、楽しそうに話せたら
それでok
十分楽しい時間になると思っています

 

 

「木」が持つ良さ

数日前、テレビで山形県最上川の近くに
トトロの木と呼ばれる、大杉があるのを見ました


トトロと呼ばれるのは、ちょうど、木のてっぺんがふたつ
あって、シルエットはトトロにみえる。そうトトロは
映画の設定でも、森、自然の神みたいな存在とも
いえますね


日本人が、「木」であり、岩、山、海といった対象を
神としてあがめてきたということ。これはほんとに
いいこと、すごいことともいえると、感じます
自然に神を感じる感性というのを、磨きたいと思います


好きな作家、夏川草介には、2020年秋の新刊に
「はじまりの木」というのがあって、タイトルになってる
ストーリィが、伊那谷の大柊とあって、みたくなって
でかけました
そうしたら、木の勢いがなくなっているのか、それとも
もともと、そんなに大きな木ではなかったものを
夏川が、書くときに、想像力でそうしたのか?
両方かもしれないですが、古い木ではありますが
大きな木ともいえず、実際の風景はちょっとがっかりし
また、これが夏川の想像力だとしたら、いいなとも思ったのです


ちょっとだけ、この夏川のことから、神なる木、について
見たいという気持ちが、あります


自分の今までみた、木でいいなというのは
奈良、室生寺の杉林ですね
資料をみたわけではないです。ですが、500年はゆうに超えようという
その杉の、オーラを感じたのを覚えています


木には、なにかを感じます
一番、自宅の近く、大本山総持寺の木々。そばにいくと
それは、気持ちのいいものです。大きな木は主には
クスノキイチョウと思います
歩いてるだけで、気持ちがすっきりします


木が、いいものをだしてる、それをフィトンチッドという
ふうに、解説を読んだことがあります
そのあたりから「森林浴」といった言い方ができたという
ように、解釈しています
おそらく数百年といった、樹齢のある木だったら、普通に
フィトンチッドなるものをだしてると、想像します
いいえ、樹齢に関わらずだしてるともいえそうですが
まだ、「鈍感」な自分には、わからないとも、いえるかも
しれません


人が森林浴なりをして、いいものをもらえる
そのいいものは、どうも人がいっぱいいるところにいると
出ていってしまうのかな?という感じがします
ときには、人が少ないところで、ずっといいものをもらい続ける
時間があっていいなとも思います


木であり、海、山など自然に神を感じるということ
おそらく、自然が好きな海外からの人が、日本を好きになる
理由、特に移住したいと思うまで好きになる理由は
ここにあるといっていいのではないでしょうか?


ときどき、テレビでみかける、カールベンクスさんという
ドイツ人建築家で、古民家で有名になった方がいますね
このかたの、語る、日本のよさみたいなものは、まさに
木であり、古民家はおそらくは木を活かした、作り方だと
思うのですが、その木のよさをしり、日本の自然を好きになったから
できる仕事なんだろうと想像します


木に、神を感じる感性
ここでいうところの、西洋の神とはちがう、定義になるかも
しれないですが、神なるものを感じる感性
持っていたいと思います

紙芝居プレゼン

あるとき、KP法なるものを、知りました
私の場合は、A4の紙にプリントアウトした
キーワードを描いたものを、10枚とか用意します
確か、もとのマニュアルには「手書き」のほうがより
迫力がでると書いてありました
その紙を、ホワイトボードなりに、はりながら、プレゼンする
ということです


先週、私がプレゼン、ミニスピーチですね、したのは
「話し合う」が大事ということを、伝えるとしました


話し合う ここに学びがある ひとりで考えるのも大事
相手がいて、話し合うのが気づく・・・


学びが大事です
学びがあるから「仕事」だともいえると思っています
学ぶという姿勢があるから、人間は満足して、いろいろ
行動もできるということも、言えます


素晴らしい仕事をした人というのは、常に学んでいますね
もちろん、ここでいってる学びというのは、学校で教えて
もらえるような狭義のことを言ってるのではありません


はっとする。自分がいいと思っていたことを疑う
そうしたことの、連続するということ
よりよく生きたいという気持ちが、連鎖すること


学びあうということが、学びには大事な要素
ということがあります
先生と生徒、上と下、みたいにぱっと分かれてしまうと
大事な学びの要素が減ってしまいます
また、「上から目線」というような、雰囲気がはびこって
しまうと、学ぼうということが、とたんにしらけてしまう
ということもあります


お互い学ぶ、学びあうというときに、「尊敬する」という
態度がいかに大事かということを、思うことが増えました
尊敬してるから、話を聞こうとする
尊敬してるから、いろんなことが、チャンスと思えてくる


紙芝居プレゼン
紙芝居ということが、大事な要素だということも
言えます
紙芝居、次なにを、だしてくるのか
わくわくしながら、紙がめくられるのを待つ


先日、ごくごく親しくしてる人と「牛にひかれて善光寺参り」
という話題をしていたとき、その人から「牛」はずいぶんまえから
それこそ、紙芝居のように、次々移る情景のモチーフとして
登場することがとても多いという話がでました
牛にひかれて善光寺参りは、まさにそのものだなと感じました


いいえ、人生のひとこま、紙芝居のような
そしてそのなかには、人を幸せにするような、ストーリィが
飛び出す、そうしたことを、目指していたいなと
思うのでした