学びに思う

ごく最近あった、会議において技術者のあるべき姿とは、という話題になり私がだした、意見は、「学びに貪欲なこと」ということでした さて、学びとはなにか?実は、まだ、私もその姿は、自ら追いかけているといっていいと思っていますだけど、学びの姿のいく…

他己紹介

いまから15年ほどは、前の話ですあるセミナーで知り合った人の、主催する1泊2日の研修会に参加したことがありましたその、導入、最初のプログラムが他己紹介でした 仕事における、売上等の悩み、人間関係の悩みさらにプライベートで、うまくいってること、そ…

プライド

「りんごは赤じゃない」 山本美芽という本があり、当社の新人研修のネタに使ったことがあります この本で、「見ること」をいいます自分の目で、みて感じたことを、言ってみる絵に描いてみるそれだけのこと、かもしれないですが、「思い込み」「表現していい…

辛口の言葉

先週、社内の会議において、自分の話す時間で少し、「辛口の」言葉を並べてみましたいかに、自分に厳しくするか?言い換えれば、いかに、普段、自分に甘くしてしまっているかそのことを、反省することが大事という話です そのあと、新年会(オンライン)があ…

自信をもって

4年前だったと、思います「人に伝えることがうまくなる」この1点に特化した研修を、私が企画、実施しました大変、自画自賛になって、恐縮ですが、その出来栄えは私自身が驚くほど、効果があったと思い出すのです ひとつの研修内容を披露しますと、大きめの紙…

言葉は不完全です

ときどき、仕事していて、あ、言ったはずのことが伝わっていない、ということが、起こりますね この数か月のことです銀行担当者とのやりとりがありました融資した、お金がそのまま定期預金になるのは銀行のルール上、うまくないのですよそういう話でした 「…

社員の健康

自分で自分の体調をよくするんだよ 働く人のサポートをする、そういう仕事がしたい 一番上に書いたのは、所属してる、東京情報産業健康保険組合のメンタルヘルスセンターの山崎先生が、社員に言った言葉です言われた社員は、なるほど、と、響いていました ふ…

意識化の原則

卓球の練習をしてるとするある日、その1時間練習するとき、「なんとなく」「昨日の続き」なんていう感じで練習するのとこの1時間は、バックハンドのフォームをよくすると思って練習するのと、バックハンドはどっちがうまくなるか? 技術者、として、望ましい…

東山魁夷

「年暮る」東山の作品の中でも特に好きな作品なぜ、この年暮るが、自分の心にはまるのか?2つの理由が浮かびます 静かさですここに描かれた、京都の町。人は描かれてないだから?ではなくて、冬、雪、そして、日本家屋のもつ静かさ。 そして、この静かさは、…

上から目線

日経新聞 2020/12/27 『うたごころは科学する』 坂井修一 (一部引用)決して力強いとはいえないが、リョービンには、人間に必要な自立心と良識が備わってる。そう、自立心と良識があれば腕力がなくとも、不器用であっても、地位やお金が得られなくてもしっ…

久良岐公園

生まれ育ったところにある、久良岐公園散歩してみると、たくさんのどんぐりがあるのに気が付きます さて、どんぐり。見慣れているようで何の木ですか?といってすらすらこたえられる人って少ないですよねこういうときは、いまどき、「ぐぐってしまえば」あら…

牛に引かれて善光寺参り

河合隼雄先生が、「カウンセリングを語る」のなかで、嫁と姑の問題を書いていますこの話は、ブログに何回か書いたのですが、とても気になる文章なので、ここにも書きたくなります 牛に引かれて善光寺参り なんて不思議なことでしょうか?強欲なおばあさんが…

洲之内コレクション

洲之内徹という、銀座に画廊をやっていてエッセイを書いた人が、好きです何度目かに読み返す、代表作というか芸術新潮への連載「気まぐれ美術館」 少し引用してみたい 引用始 ところで、昨年(昭和四十九年)の暮、私がちょっと四国の宇和島へ行っていて、帰…

若手とベテラン

精神科医の、香山リカさんはその著書のなかで、10代で、自分の思ったこと感じたこと、出会ったこと、これは、そのあとの30年にも40年にも、値する、とても大きくて、大切なものだと、記述しています ええ、確かに。 人間の心、であり、考え方の多くのものは1…

対人援助

河合隼雄先生の著作を読んで、「対人援助」ということの入門を学んだと、思ってるいる、自分がいます カウンセリングの本なのですが、カウンセリングを行う人はカウンセリングを受けたほうがいいと、書かれていますたとえば、想像する場面として、医者と自分…

ハイジに学ぶ

いまの若者は、結構、祖父母との関係を作ってることが多いですよ、なんて報道を耳にしましたそうなのかもしれません 今年、我が家で、マイブームといっていい、「アルプスの少女ハイジ」の再放送を楽しみに見たということがあります アルプスの少女ハイジ、…

他人との違いを、楽しめること

違いをポジティブにとらえる、という言葉に反応したことがあります。当社の会議のなかで、ひとりの管理職が言ったこと。自分を違う環境においてみてその違いが、ポジティブに見えること。ポジティブにとらえて、つまりは、また自分の栄養にできる、というこ…

他人への関心

昨日、お仕事でいっしょにいた、34歳といっていた他社の営業さん。他人への関心が高いなと、感じたのです こんなふうに、印象に残るということは、私も他人への関心は高いと思ってることがひとつです。また、会う人、他人への関心、高くないと感じてる自分が…

ご飯の話

ときどき、炊き込みご飯を楽しみます昨日作ったのは、きのこと、鶏の炊き込みご飯私の作り方は、だいたい、炊き込みご飯はいっしょですねお米は、通常に炊くときのように、水加減して用意します具材をきざみ、少量の酒、薄口しょうゆをまぶします お米が、い…

オフィスワーク、テレワーク

わが社においては、オフィスに出勤することとテレワークすること、50%ずつということで、進めています 誰もが努力してる、感染症の対策をするというそのものの意味で、テレワークすること。それから私たち、ITの業界であり、当社自身もテレワークするとい…

おばあちゃんの話

親しくしてる、人で、私は素敵なおばあちゃんになるのが夢だと、言った人がいますとても仲がいいし、その言い方というか、うん、きっとこの人は素敵なおばあちゃんになるのでは?なんて想像したりしていました さて、素敵な・・・?ってどんなこと?容姿もあ…

負うた子に教えられ

灰谷健次郎 「天の瞳」に登場する主人公の協力者といっていい、PTA会長もしてる経営者がいる。東南アジアからの中学生の里親をしているという設定です どうして、里親をなさるのですか?と聞かれて負うた子に教えられというでしょ、という話をする。自分は、…

SDGsから、学ぶ

SDGs これがこの夏くらいから気になっていますそのなかで、「パートナーシップで、目標を達成しよう」ということがあります私的に、くだけたものいいに直せば、仲良くなって困りごとを、減らしましょうということにもなります 仲良くなること、とっつきやす…

10代は大事です

香山リカさんの本で、「10代のうちに考えておくこと」というのがあります「勉強や将来のことを、考えよう」「親や友達とうまくつきあおう」「世の中のことに目を向けよう」「自分自身を大切にしよう」 こんなふうな大見出しがあります親との関係でいえば、ピ…

日曜日

Sくん、そうか、Sって呼ぼうね君は、Hか・・・相手は小学生でした。そう名前で呼んでみるとぐっと距離が近くなるその子供と、仲良くなりたかったら、名前を呼んでみること・・・ だけど、街中で会うだけだと、いきなり??にやっぱりなりがちですところが、…

サラメシ

伊那バスという、信州の老舗のバス会社のエピソードをNHK サラメシという番組でとりあげていました https://www.nhk.jp/p/salameshi/ts/PVPP6PZNLG/episode/te/R5MG373381/ いいなと、思ったのは、感染症のことに負けず自分たちで、できることはなにか?5人…

人を育てる

育てるということこのことを、当社では、強みだと、思っています来年、48周年を迎えるわが社。そのずっとある、ずっと脈々と流れてる、ひとつの流れ。人を育てるということになるのです 昨日は、いっしょに指導の中心といっていい、メンバーとコーチングとテ…

インターネットの利用のしかた

twitterに@ses営業と書いたアカウントでつぶやく人がいるああ、こんなふうなコミュニケーションを他人はとるのだな、と、ツイッターを開くようになって感じます 私とか、近い世代の人は、ツイッターは言ってみれば影響力のある、有名人とかが、自分の伝えた…

冬のあたたかさ

朝、まさに12月1日、今日であれば、ほんの15分まえくらいからいまがいい。素晴らしいグラデーション。こうした、季節が見せてくれる、美しさを知ってるというのはそれだけで、ぜいたくな気分でもあり、美しいということについてもっと、身近に、もっと敏感に…

自己一致

河合隼雄先生は、著書のなかで、カウンセラーのやるべきこととして、自己一致ということを、掲げています外側からみえる、言葉だとか、表情、それと内面としての、気持ち、それを一致させて、望むと解説されています 問題あると見える行動をする、少年と相対…