交流の楽しみ

学び

自分が、いい仕事をしてるな、という感覚誰もがほしいのでは?ということを、思いますそのいい仕事してる、ということは、自分自身がステップアップしてるということと、一体なのでは?ということを、私は思います 歳をとってきて、思う、自分のいい活躍それ…

友、に思う

いま、50代も半ばをすぎて、思うことです若いということは、やっぱりひとつの病のようにあったんだなと、いったらいいでしょうか? 先日もごく最近、今年になってから、ちょこちょこ話すようになった人と、若いときというのは、失敗するなんてことはつゆほ…

つながり

今年は、仲間にはがきをだすのが、ふえていますそれは、なかなか、会えない友へのあいさつという意味がありますまた、もうひとつは、友に自分のいま、この瞬間を切り取っての気持ちを伝えるということを、通して、自分自身をはげましているそういうことがあ…

人と会う、大切さ

人間は、ひとつのところに集まって、例えば音楽を聞いて、その素晴らしいこと、共感するということで心をひとつにできるのです。そういうことができるのは、人間だけです これは、京都大学の山極先生が言ったことですそうしたことだけでなく、とことん話し合…

メルマガ

当社のメルマガは、オフィスが新橋にあることもあってそのお店を紹介するということを、続けています これ、大変ということもあるのですが、楽しいということもあります そのお店の雰囲気、メニューの豊富さとか、お値段とかそして、もちろん、看板の料理の…

ファミリーヒストリー

柳葉敏郎さんの、ファミリーヒストリーをみてはじめて知る、姉がいることその姉が、柳葉さんのいとこに実際会いに行って60年という時をへだてての再会をよろこんだという番組を見ます 私の祖母の母、私からしたら、曾祖母ということになるのか、先年実家を整…

彼女いますか?

彼女いますか? 採用面接だったり、ちょっとした、商談のあいま仲良くなった、若い営業の方と話すひとつの話題に「彼女いますか?」と聞いてみます 若ければ、惚れるのはあたりまえ・・・ 誰が言ったか忘れましたが、惚れたり、惚れられたりそう、若いときは…

仲間への手紙

今年の春、悲しい出来事がありました仲良くしていた、仲間のひとりが、虹を渡っていってしまいました こうしたことは、致し方ないこと人間、生きていれば、いつかは訪れる、そういう出来事などと、頭でわかっていても、心がついていかないそういう出来事、で…

お酒が醸す空間

お酒を飲もうと、誘える相手というのは、貴重ですねいいえ、私が選んで人とお酒を飲みたいといってるのではないのです。誘われれば、行きたいといってる人とは、ごいっしょしたい そうなれる、そういう雰囲気に、いっしょになれる人がいいね、といったらいい…

お茶を飲む

日々是好日という映画をみました樹木希林の魅力が、少しわかった気がいたしましたそして、見終わった直後、樹木希林はきっと茶道について、相当経験者なんだろうと、想像していました。ところが、ネットで拾ってみると、言ってみれば、にわか勉強をして、や…

先輩

学生のころから、今日まで「先輩」という存在をいろいろ、利用もさせていただき、慕うなかで心の栄養、知識として知る、指針をずいぶんいただいたと思っています ただ、自分もいま50代後半にはいり、現役でいろいろやる先輩が減ったことを感じます。そういう…

手紙

リアルに会わないということが、求められるなか私がコミュニケーションで、使いたいことが「手紙」です 川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界 という本のなかで、川端と東山の手紙が紹介されていて、とてもその心の高さ、また美を追う、真摯な生き方というも…

雑談、そしてワークショップ

ビジネスの打ち合わせで、雑談ができるか?この1点を、よく重視します雑談のなかから、相手の人柄がかいまみれて信頼しようという気持ちが高まる、これは普通にあることです 人により、雑談が苦手、という人が結構いますいいえ、その私からみて、雑談が苦手…

人間力

会社説明会を開きましたそのなかで、当社の特徴と話します 「人と人のつながりが強い」これを、当社の強みだと、研修のなかで気づいた社員がいますたとえば、他社の技術者の、新しい技術へのアンテナの立て方が、素晴らしいと、そうしたことを、自分の栄養に…

新しいの、古いの

長いつきあいの人と、時間を気にせずに語らうのは、なににも増して、心が元気になることだと、思います 「昭和」の話で恐縮ですが、自分がまだ10代だと思いますから、40年とかまえの、確かウィスキーのCMにて、ひげが似合う、じいさんがでてきて「友達、…

出会いという不思議

本との出会い ジョーン・G・ロビンソン 「思い出のマーニー」という本には、2度、出会っています一度目は、河合隼雄先生の著書で紹介されていたことで確か20代で読んだこと二度目は、3年前、仲間との読書会でとりあげて、読み返したことです。 読書会の楽し…

演じるということ 2

NHKの大河ドラマの、Webサイトのなかで明智光秀を演じる、長谷川博己は、斎藤道三役の本木雅弘について、斎藤道三になりきってる、すごいなとコメントしています ドラマで、ある役を演じるということ、それも長い時間、出続けるそういう役は、ある面大変だろ…

演じるということ

演劇を学ぶということは、人間の成長にどんな効果があるか、ということを、先日親しい人と話してみました 相手との関係を、よりよくしていくことではないか、という話がでましたこのよりよくしていく、ということには前段があります。演劇で、Aという人物を…

手紙を送る

友人の何人かに今年、クリスマスカードを送りました。今年はどんな年でしたか?と伝えました 電話や、メール、またLINEといった手段がふえて手紙を書くということは、減ったでしょう手紙はもう書かないという人もいるようですでも、そんなときだから、手紙は…

コミュニケーション

おそらく、いま、2019年、ビジネスの現場、営業さんが、また、管理的な仕事、生産管理だったり人事、会計、などなど、みなさん、電話よりメールのほうが、使う機会って多いのではないでしょうか メール、事務連絡といったことでは、電話より優れてるとこ…

おでんで温まる

体感的に、今朝の気温は、10度を下回ると感じます季節は進みます夏に生まれた、自分としては、冬の寒さはできれば避けたいだけど、冬、だから楽しめることがあります 空を見上げると、これから顔をみせるお日様に下から照らされた雲があります。夕方と朝の…

手紙

しばらくぶりの、手紙が届きましたいっとき、体調を崩していた、という方から元気です、という便りでしたなによりの、いい手紙です あいさつ、は、自分であり相手の元気なことを確かめ、しばらくぶりに会う、人であればそのしばらくぶりの、お互いの近況を確…

傾聴

今日、社員が集まる会議があってそのなかで、傾聴するっていかに大事かという話を何度目かでしようと思います 実際のところ、自分自身、傾聴するって本当によくできてるの?と問われるとしたら、まだまだですと答えます いいえ、さぼってるつもりはないので…

食事をすることでつながる

来月は、2020年に当社に入社予定の学生さんを我が家に呼びます 数えると、8年ほど、続けてるささやかなイベントですそして、学生さんだけでなく、社員の何人かも来てもらいます ひとつ、その狙いといったこと。同じ釜のメシを食べた、そういう経験です…

同窓会

「十代のうちに考えておくこと」 香山リカこの本の「はじめに」という冒頭のところにリカさんは、十代にくらべたら、二十代、三十代なんて寝ていたのではないか?というくらい、十代は大事という記述をしています 今月と来月は、十代のとき、いっしょだった…

和風いん越路

谷川岳山系に、源を持つ、魚野川その名の通り、アユがいて、雪国の清流といって、ふさわしい姿です。江戸時代、明治には、魚野川の六日町まで舟が遡上したといいます。その六日町から、山に向かって川沿いに上り、ここからは、まさに山がはじまってるなとい…

若いとき

疲れない、身体。やりたいと思ったことにエネルギーを注げることそれが若さであるなら、だんだん年齢を重ねる自分はほしいと思います 少し、経験が不足するそういうことが、気になります つい先日、若い人と話していて若いときは、ときに他人を傷つけること…

ひとつのやり方にこだわってしまう

人間のよくやってしまう、間違いというかわなというのがあるようです例え、としてしか、なかなか表現できないのですがひとつの、解決策、方向の進め方に、偏ってやってしまうということ、のようです ある人の、なにか、「足らない」くせ、行動があるとして、…

楽しかったこと、伝えてみる

旅先での、楽しかったことを伝えようとするとき、相手と自分に情報量の差が大きければ、やっぱりなかなか伝わらないということが起きてしまいます 今回、パリ旅行して、あのパリのルーブル、セーヌにかかる橋からみた光景、もちろん、アートの作品について、…

若い人に伝えたい

20代の営業をやってる、人と話をしました若い人らしく、希望があって、すがすがしく楽しい話になりました よく仕事ができる、と思ったその人、実はパソコン、あまり得意ではありません・・・という話がでました デジタルネイティブ、つまり、ケイタイ、パ…