システム

共通点と相違点

自分と相手の共通点と、相違点ということをだしてみる。そういうことが、自分を客観視するのに役立つのではないか?と、考えます 設計ということを、フォーカスしてみます設計する、力、システムを設計する力はなにで、測れるか?なにかサンプルになる、話を…

システムのチーム

スポーツのチームでいえば、リーグで優勝をめざすそういうことが、掲げられる目標として、あがりますそうした、大きな目標を掲げる。これも大事ですがそのために、ひとつひとつの試合で勝てる、ように、するこれがまず、やることでしょう 仕事するチームに直…

仕事のごほうびは仕事

理想のSEがすること →新しい技術にふれるそのための時間(ひとりの人の心がけじゃんともなるのですが) →それを共有、シェアして刺激しあう ここが大事とする(仮定) そうだとすると、「新しい技術の有用性」という観点でディスカッションが行われて、その…

システム開発でほしい、次を見る力

仕事において、チャレンジするということがあるのが、大事と思います 人間は、あるやり方をひとつ、覚えると、それを変えるということを、したくなくなるという習性があるようです。ところが、ひとつのやり方ばかりするというのは、成長とは相反する、行動で…

信頼とシステム

いっしょに仕事するのなら まず、「信頼できるか」ということになりそうです。先日、信頼してる人に、大事なこと、このことがその人以外にもれたら、当社としては結構痛手になる情報を話すのかどうか?という点で、迷うことがありました 信頼してる人。そう…

いいところを、引きだす

チームが、成長すること。チームにいる人の成長を促すことこれが、仕事していての、大きな目標であり、やりがいといっていいことと思います 私は去年会った人から、あなたは人のいいところを引きだそうとして、それで、会社経営に結び付けようとしてるんです…

定義すること

言葉、には、人それぞれ、背景があるんですねその背景をはっきり、言い、こういうことと表現すること大事なことです。微妙な違いを楽しめるようになりたいものです 使い方、言い方にも、配慮したいものです同じ言葉でも、使い方、言い方でニュアンスは変わり…

いい報告とは

いい報告をしてもらえると、とても安心だしその対象のことについて、こちらも積極的なアクションをしていこうという、気持ちになると思います システム開発のプロジェクトは、いろんなことが起こります。エンドユーザと、開発する側、こちら側のパイプがどう…

進化する

2016年の、情報サービス産業白書によれば20年で、ITのコストは五万分の一に軽減したと書かれています。これ、500万円かかったものが100円で済むという計算なんですね 言い換えると、一人の年収といっていい金額かかっていたことが、コンビニのコ…

見える化

ごく最近読んだ本で、なぜ、不安がでてくるのかということを、書いてあるところがあって、ああ、なるほどと思いました 「よくわからないこと」が不安のもと、という指摘がありました不安があるから、落ち着いて考えられない、不安がときに恐怖感ともなって、…

仕事が選べるようになる

実際、そうした経験はなくて、どうなのかと 思うのですが、システム会社として、ひとつの 理想としては、仕事が選べるようになる、と言えるとも 思います もっとも、「傲慢な」なんてところにつながってると 自分が目指してるところと、真逆なところに 行き…

システムとアナログ

20代の後半にこの業界にはいって、すぐ思ったのは 伝言ゲームがヘッタクソナこと。 SE集団は、その技術のおかげで、仕事があり 守られてもいるのだけど、実際、相対して話してみると 言いたいことが言えない、不器用な人が多いのだと 感じたのですね 徹夜…

ITのキャリアは

システム開発という仕事について 私は、よく、人材が育つということで とても、いい、仕事ですと、人にしゃべっています ただ、パっとみた感覚的な、ところでいえば なにをやってるのかが、わかりにくい ということがあると思うのです そこで、タイミングを…

意思決定に思う

なぜ、そう考えたのか もう古くなった、意思決定のモデルのあれこれ 気にすべき、要素がいくつか、ふたつとかみっつなら 間に合うけど、要素はぞっと多くて、かつその要素が 変化をしつづけ、またお互い影響をしあう、そういう世界に 生きてるぼくたちは、ど…

目的をはっきりさせる

ある仕事をしていて、その目的はなんなのか、つかむ ということが、大事だと認識します そうなのですが、はたして自分がやってる仕事の目的 また、その目的をたてた、背景、長期的視点といった ことが、正しいのか、また会社発展につながってるのかと もとを…

俗人化

コンピュータシステムを作ってるプロジェクトに おいて、ひとつひとつの仕事を、俗人化させない つまり、Aさんができることが、Aさんしかできないことに なると、単純な話、病気でAさんが戦線を離脱したら とたんに、そのプロジェクトが困るということに な…

スケジュール

システム開発って、工事を進めてるのに、近いイメージがある そういうつぶやきを、システム開発の現場にいるメンバーから 聞く事が、あります コンピュータの仕事、というと、ちょっと知的で、きれいな仕事を 連想する人もいるかもしれないですが、結構力仕…

いいプロジェクトって何だ

システム開発という仕事では プロジェクトと呼ばれるチームが作られて 仕事してることが、多いです あるエンドユーザに対して、一定期間で システムを作っていくというプロジェクト。 たとえば、20人のプロジェクトがあるとしましょう 1社で20名のプロ…

センサーの話

2015年に、車を買い換えました いま、マツダのCX-5という車種に載っています この車には、速度をいっていに保つ オートクルージングなる、機能がついていて なかなか、気に入っています 運転していて、たとえば60Km/hに設定すると その速度に達するま…

イメージの共有

仕事をすすめるときに、自分の存在をどうとらえるのか いいえ、仕事のなかで、ポジションとしての自分が どう生きるのか、イメージできてるということが 大事です 誰かに仕事をしてもらうとき、その誰かは、自分がいるということで どう影響するのか、見えて…

システムってなんだ?

私たちは、コンピュータシステムの仕事をしています 「システム開発」というのが、その呼び方です このシステム開発は、人を育てるというのこと かなり、いい仕事だと、思っています やってる人に、判断、考えることを、求めます ある仕事を、システム化して…

翻訳者

社員がわくわくしながら、働く会社 数日前にだした、このブログのタイトルです そうするために、なにをするのか?というとき 翻訳者であること、とヒントが浮かびます よく言われることですが、世代間のギャップということがありますね この世代間について、…

工程について、認識を深める

いわゆるウォーターフォール、水を上を流し込むようなといったら いいか、システム開発の工程について、ひとつひとつ 認識を深めようという、話題を会議に出してる人がいる その人を囲んで、何回かやってきた、ディスカッションを いかに深めていくかと、考…

クラウドコンピューティング

日本において、クラウドの実績としては、2009年の統計で 1296億円で、統計のとれるIT投資の、1.1%だという GoogleやMicrosoft、Amazonなど、7社合計で2010年で クラウドの売り上げ、125億ドル、2013年の予想で 220億ドル こうした数字を…

翻訳こんにゃく

dataspiderというソフトウェアの話を聞いた http://dataspider.appresso.com/ この開発者は、ドラエモンのおなかからでてくる 翻訳こんにゃくの話から、データ連携のソフトウェアの 構想をえたといってる ドラエモンの面白グッズたちは、思えば夢があるもの…

プログラミングが楽しい

昨日、ひとりの社員と話していて 「久々にプログラミングが楽しい」というひとことを聞いた いまは、いろんな意味でプログラムしていて、考えるという部分が 減ってるのかもしれない Webの世界で、Javaを中心とした環境でも、Microsoft VisualStudioにしても…

わかりやすさ

システムの仕事をしていて システムって、複雑化する宿命があるって思う これは前にも書いた そして、複雑化するがゆえに、シンプルなこと わかりやすいことを大事にしたいと思う 複雑化して、出てくる問題のひとつは 伝言ゲームのワナといっていいことだ 例…

システムって何だ

プログラムを理解することはできても システムを理解することは難しい 先代が残していった言葉だ システムを理解すること それは、システムの目的を理解することから はじまるのでしょう 当社が関わりをもつ、システムについて いわば、社会インフラに関わる…

積極性

昨日社員のひとりと話をしていて もしいっしょに、プロジェクトをすすめる技術者を 選ぶとしたら、どんなスキル、もってる資質を望むか という話題をだしたところ 「積極性」 という答えがあった 仕事をするうえで、非常に大切な要素 このブログでも、お互い…

システムは複雑化

コンピュータシステムは複雑化するという宿命がある 多くのデータを扱い、一定の処理速度が必要な コンピュータシステムは、進化するごとに 複雑化する 一方、だから「シンプル」にするという視点をいつも もつべきだという議論もある。ただこの話は 別にゆ…