社会

希望からスタートしたいですね

昨日、宇都宮ビジネス電子専門学校の会社説明会がありました。数人の学生のかたと、話すことができました 若い人、は、希望を持っていてほしいと思いますその希望を、形にしていく、それが本人の成長を促し成長するために、学習したり、実践を行うために誰か…

写真展から昭和を感じる

世田谷美術館にて、田沼武能の写真を見ましたそこには、確かに自分もいた、路地裏があり子どもの新鮮な表情がありました 子どもを撮り続けた、田沼の目には、何が映っていたのでしょうどうも、子供の表情に、その時代を感じる何かがあったといっていいように…

AIに聞いてみた

NHKスペシャル、AIに聞いてみた どうすんのよニッポン これを、NHKオンデマンドで視聴しました 少子化を食い止めるには、クルマを買え つまり、いわんとするところは、社会を豊かにしなければ 少子化の問題は、解決しないという もっとも、これは、過去30…

AIの話

昨日、古いつきあいの、同業者の社長さんと話していて AIが発達することで、プログラマーの需要はへるだろうという 見通しの話がでました 確かに、そうかもしれません AIができること ディープラーニング (もしかしたら、そればかりではないかもしれません…

試着品だけの売り場

数年前、セミナーでいっしょになった、女性の言葉が 結構鮮明に頭に残っています 「女性は、試着するのが好きなんですよ もっと、正確にいえば、試着することを通して 自分のがその服を着て、幸せな時間を過ごすことを 想像するのが好きなんですよ」 へー、…

コンビニってどうなの

いま住んでる目の前にコンビニエンスストアが 昨年できて、いまも、忘れていた牛乳を買ったり そこそこ、便利に使っています 思い出すと、もう高校生くらいには相当数の コンビニはありました もっとも、私の10代や20代では、まだ都心の ビルのなかまで、必…

メールを使わない若者がいるらしい

え?っていう反応をするのは ちょっと若い人の、動向にうといよ!ってこと かもしれないですね 昨日の日経新聞だったか、大学の教授の「嘆き」といって いい話をひきながら、若者はメールをしないということを あげていました なにで、コミュニケーション?…

若者にチャンスを

今日の日経新聞、一面のコラム「働けない 若者の危機」 一段目で目をひく、説明、オーストリアの若者の失業率は9% これはギリシャやスペインの1/5だ・・・ フランスでも20代の失業率が20%を超えるという話を 聞いてる。このことは、少し恐ろしい想像を…

選挙にて

今度の日曜日は、衆議院選挙です 実際のところ、小学生のとき、ときの権力者の汚職といった ことを目のあたりにして、政治は信じられないと思い込み 選挙なんて、興味がないとやってきました でも、ここ数年、やはりそれじゃ、日本人として やっぱり無責任す…

日本の地方

こんなことを最初に感じたのは 長野県の野沢温泉だったように思う 日本の地方は、おそらく昔の日本の良さを まだまだ残していて、そのあたたかさといったら 本当に気持ちいい。 野沢温泉にスキーにいって、民宿に泊まる そこには、まるで親戚のおじいやおば…

15歳から34歳で60万人いるというニート

昨日の日経新聞、一面のコラム「働けない若者の危機」 20歳という世代にまたがり60万人 ざっくり3%ということでしょうか 学校のクラスになおせば、一クラスに一人はいるという 計算です おそらく、ニートでなくても、正規の雇用で働いてない人は この…

変化

先日、知り合いの女性から「結婚します」というたよりがあった いいニュースだった その女性は年下の男性と、新しい人生の旅立ちを迎えるらしい そんな話をうちの奥さんと話していて 年下の男性と結ばれるのは、「流行り」とかでなく だんだん普通に近いねと…

格差について

学生のときに、ゼミの先生が ゆとり教育という考え方について これは、階級社会を作ると考えるという 話をされていた 教育において、授業の時間を減らし、教える量を 少なくすること。ゆとりをもたすこと それは、優秀なひとにぎりの人と、そうでない人を わ…

警鐘

日曜日に山種美術館にいって 「日本の原風景を求めて」という展覧会を みたのだが、そのなかで作家のコメントが頭から 離れない 日本の美しい自然を大事にすることは、生きることを 大事にすることだと、東山魁夷は言う 木々の緑、川、海、湖といった水辺、…

ひとりひとりが立ち上がる

今日の日経新聞 一面にでてる、「東日本大震災」立ち向かう企業 「こういうときは、もうかる、もうからないじゃない。支援は売上や 利益に優先する」といって、建設機械1000台を集めて支援にいくという コマツ、自分の判断でトラックを動かして支援物資を避…

人間は楽しみがあって生きてる

本日の日経新聞、春秋 第二次世界大戦の終戦の2か月前、東京に ベートーベンの第九が演奏された 杉村春子がのちの代表作となる、女の一生の第一回 公演をしたのは、東京大空襲の翌月 人間は楽しみがあって生きてる 音楽、絵画、芝居など楽しみは、生きるのに…

自分をみつめているか

学生のころに レポートを書いた。というか文章を書くと 中心となる、テーマは日本人が社会の変化に ついていけなくて、ダメになっていくというような ことを書いていた 戦後の日本は、世界で「奇跡」といわれるほど 素晴らしい産業の発展、経済復興、さらに…

日本人であること

混乱のなかから 日本人であることの誇りをしっかり思い出そう まえにこのブログにも書いたのだけど たとえば、百人一首 短歌という世界で、選び抜かれた百首を、カルタに して、味わい続ける http://d.hatena.ne.jp/tetsuya556/20080107/1199631600 たとえば…

変化の時代

たった、15年まえとかとは、まったく 人の動き方がちがう。そう思えるような このところの変化の激しさ 象徴するのは、やはり携帯電話でしょうね 子供のころに大人気だった、ウルトラシリーズ それはウルトラ警備隊がもつアイテムひとつとっても あこがれ…

スピード感覚

例えば、トレッキングにいくとかスキーに 行くとかで、日本の街を離れて、地方の村に いったりすると、時間の流れが全然ちがうのに 気がつく 東京から、新幹線とか高速道路で日帰りできるようなところは それでも、いい もっと、遠く、おそらく1日以上かけ…

日本をつくる企業

本日の日経新聞9面 ソディックの藤原社長は、コラムのなかで もし日本市場がダメになっていくとすると 欧州メーカーの攻勢と円高にくわえて、日本は 輸出手続が煩雑なこと 本社をシンガポールに移すかもしれない と指摘する 警鐘という意味もあるのだろうが …

1990年から20年

1990年に東西のドイツが統一してから20年 こうした、時のながれを思うと、おおっと声をだしたくなる 日本はバブル崩壊から、景気低迷の時代へと、今日の日経新聞の社説は ひとことですませて、ドイツの話をしてる 別にこのブログでドイツの話をしようという…

日本の生きる道

ノーベル賞に輝いた、鈴木章氏はいう 日本の生きる道は、いままでにない製品、いままでにない仕組みを 作り出すということで、生き残るしかない 当社は、システム開発の会社であるが システム開発という分野において、2003年くらいから 中国の会社へ、仕…

家族とは

川越が舞台の朝ドラを 1年まえまでやっていた そのなかにでてくるセリフ 「帰ったら、お帰んなさいと声が聞こえて、手作りの食事があって 平凡な家庭があること、それがいい」などと いう場面があって、登場人物は、そうだねぇとしみじみしてる そういう家…

日本経済新聞社説

「新卒一括」にとらわれずに多様な採用を 今日の日経新聞の社説である ちょっと、人の文章を批判するのは 実際、逆に批判されたら?と思うと空恐ろしいのだが あえてちょっと・・・ 新卒の一括でなく、採用をというのは正論であろう でも、その変更にはもっ…

10代のことなどを思い出すのは

ウォーキングをしてるとオシロイバナに出会う あずきいろといったらいいのか 濃い、ピンクの花。確かオシロイバナは黄色も あるのだが、ピンクの色が鮮やか 子供のころに実家にオシロイバナがあって ずいぶん、豊かな花を咲かせていた 毎日花が咲くのは、と…

外でじっとしていられる気温

いまは、5月で最高気温が23度とか 外で、じっとしても寒くないし、暑くもない いわば、最高の日和だ 天候の不順はなにか、めずらしくない話題だけど 例えば、5月の連休はとても、よく晴れて行楽日和 こうなると、景気の上昇に一役あるのかなと 思ったりする …

ギャップをうめる

今日の日経新聞のコラム 「経営の視点」はリクルートをとりあげているその会社の前半は、求人情報、住宅価格、家賃価格、中古車情報など 消費者単独では入手が困難な情報を一覧性をもって提供した ネット社会では、つまり後半では、紙媒体にパソコンや携帯電…

竜馬の魅力

今年のNHKの大河ドラマは「龍馬伝」で 坂本龍馬のことが、結構あちら、こちらでおおはやり 坂本龍馬といえば、私も含め、司馬遼太郎の「竜馬が行く」で ファンになったという人がたくさんいる もちろん、いまの大河ドラマにしても司馬のものにしても 「小説…

ネット選挙運動解禁へ

やっとかなと思う記事を今日見る ご存知のかたも多いと思いますが 日本の法律で、選挙期間中、政党や候補者の Webサイトの更新やメール送信を禁じている これを解禁しようというもの いま、インターネットを使う人というのは 相当な比率になると思う(年代に…